慶大卒業式にハリルJ始動…武藤が“節目の一日”に決意新た

写真拡大

 “節目の一日”に決意を新たにした。日本代表FW武藤嘉紀(F東京)は23日、横浜市の日吉キャンパスで行われた慶應義塾大の卒業式に出席後、日本代表合宿の始まる大分へ直行。大学からの卒業とハリルジャパンの始動という2つの“節目”に立ち会った。

「大学生活を締めくくれたという安堵もあるし、ここからサッカー選手としてしっかりやっていかないとという気持ちもある」。慶應義塾大に在学しながらプロ契約を締結した昨季は新人最多得点記録に並ぶ13ゴールをマーク。ルーキーで史上3人目となるJリーグベストイレブンに選ばれ、日本代表にも招集されるなど飛躍の1年となった。

「今年はサッカー1本で勝負する年」と強い決意で迎えた2015シーズンは、開幕3試合ですでに3ゴール。前日22日の神戸戦では絶妙なトラップと股抜きドリブルからスーパーゴールも決め、代表合宿へ弾みを付けた。

 合宿初日はランニングのみの軽めの調整となり、本格的なトレーニングが始まるのは明日以降。ハリルジャパン初陣となる27日のチュニジア戦(大分)、31日のウズベキスタン戦(東京)に向けてアピールを誓う武藤はバヒド・ハリルホジッチ監督について「サッカーに対して熱いものを持っている。オフの面でもサッカーの面でも、一つひとつ細かく突き詰める感じ」と、印象を口にしていた。

(取材・文 西山紘平)