新監督の印象を語る本田「オーラがあるということではその通り」

写真拡大

 日本代表は23日、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の初陣に向けた合宿を、大分県内で開始した。

 新指揮官は、今月13日に就任。練習後に本田圭佑は監督の印象について、「少しだけ話しましたけど、フランス語がイタリア語に似ているなという印象」とコメント。コミュニケーションを図ったようだが、「ただ自分がイタリア語で返したら通じていない雰囲気だったので、やっぱり話すときは日本語で通訳を介さないといけない」と続けた。

「オーラがある監督ということに関しては、その通りじゃないかなと思います」と語る本田。「監督も言っていましたけど、ワールドカップやアジアカップの試合を見たと。それを見た限りではもっと上を目指せると。ただ上を目指すためには当然負けた原因があるし、それを変えていかないといけないという、当然のことをしっかりと選手たちに伝えていた」と、指揮官からの言葉を振り返る。

「避けてはいけないようなところに目を向けている意味では、いい機会かなと思います」と、新体制での船出について自身の考えを明かした。

 日本代表は、27日に大分スポーツ公園総合競技場で行われるキリンチャレンジカップ2015でチュニジア代表と対戦。31日に東京スタジアムで行われるJALチャレンジカップ2015では、ウズベキスタン代表と対戦する。