故障抱える内田は途中離脱も…「ずっといるかもしれないし帰るかも」

写真拡大

 右膝に故障を抱え、ブンデスリーガではベンチスタートが続いているDF内田篤人(シャルケ)。ハリルジャパンの始動となった合宿初日の練習は約25分間、11周のランニングにフル参加したが、合宿途中で離脱する可能性が出てきた。

 練習後、右膝の具合を聞かれると、「まあ、こんなもんですかね。様子を見ながら? そうですね」と目線を落としながら言い、「(合宿に)ずっといるかもしれないし、帰るかもしれないし、それは分からないです」と言葉を濁した。

 霜田正浩技術委員長が「ランニングはできるという話だったので。これから話をして、方向性を決めます」と説明するように、今後についてはドクターや内田本人と話し合ったうえで、合宿に残るかドイツに戻るかを決めるという。

 今回はバヒド・ハリルホジッチ監督の初陣ということで、故障中を抱える内田やDF長友佑都(インテル)も31人のメンバー入り。指揮官はメンバー発表会見の席で、「彼らが今、どんな状態かを知るためにも話していきたい。我々と一緒にいてもらって、我々の目的を彼らにも知ってもらわないといけない。そういうコミュニケーションを取っていきたいし、その意味を含め、ケガをしていても呼びたいと思っている」と、招集の意図を説明していたが、結局、長友は不参加が決定。内田も状況次第では早々にドイツに戻ることになるかもしれない。

 今回のメンバーにはサイドバックの新顔として左サイドバックのDF藤春廣輝(G大阪)も代表入りした。ただ、内田自身は「周りは気にせずにやります。普通です」と、今までと変わらずマイペースで行くことを強調していた。

(取材・文 矢内由美子)