あなたはごはんが好きですか?

写真拡大 (全8枚)

 ライフメディアのリサーチバンクは、3月6日〜3月11日にかけて、10代〜60代の全国男女を対象に、「ごはん(米飯)に関する調査」を行い、1,200件の有効回答を得た。

 ごはんが好きか聞いたところ、74%が好きと回答。ごはんを食べる頻度を聞いたところ、17%が「1日3食以上」と回答し、1日に1食以上ごはんを食べる人は93%だった。

 最近1年間でごはんを食べる頻度に変化があったか聞いたところ、81%は「変わらない」と回答した。「増えた」人は9%、「減った」人は11%だった。「増えた」人に、その理由を聞いたところ、「栄養のバランスが良いから」「健康に良いから」が同率32%で最も多い結果となった。そのほか、「自宅で食事をするようになった」「ごはんがおいしいと思うようになった」などの理由が上位になった。「減った」人に、その理由を聞いたところ、「ダイエットのため」と37%が回答し、最も多かった。

 1日に1食以上ごはんを食べる人に、よく食べるごはんのメニューを聞いたところ、「白いごはん」が95%で最も多く、以下「おにぎり」「チャーハン」「炊き込みごはん」と続いた。いつも食べるごはんを選ぶポイントを尋ねたところ、「おいしいこと」が51%で最も多く、「価格が安いこと」「安全であること」が上位となった。いつも食べるごはんの購入場所を尋ねたところ、「スーパー」が52%で最も多く、以下「農家から直接」「購入しない」という結果となった。