ヴァージン、電気自動車でもテスラと競合へ

写真拡大

ヴァージン・グループが、「フォーミュラE」での経験をもとに、テスラと競合するような電気自動車の開発に取り組む可能性を、ブランソン会長が示唆した。

「ヴァージン、電気自動車でもテスラと競合へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

ヴァージン・グループ創設者のリチャード・ブランソンによると、同グループはテスラと対決するような電気自動車の開発に取り組む可能性があるという。

同グループの「ヴァージン・レーシング」チームはすでに、完全な電気自動車フォーミュラ・カーがスピードを競い合うチャンピオンシップ「フォーミュラE(日本語版記事)」に参戦している。フォーミュラEは、いわば「フォーミュラ1(F1)」のスピンオフ版レースだ。

ブランソンは米国のマイアミで開催されたレース会場において、フォーミュラEへの参戦が、独自の電気自動車の販売につながる可能性があることを示唆した。

彼は「Bloomberg」の記事において、「ヴァージン・グループは、ちょうど宇宙開発事業でテスラと競争しているように、自動車事業でも同社と競争するかもしれない」と語った。

ブランソンは、電気自動車開発に取り組む「チーム」を抱えていると述べたが、詳細は明らかにしなかった。

自動車メーカーではないテック企業が電気自動車に取り組む例は最近多い。グーグルは2014年5月に自律型電気自動車のプロトタイプを発表した(日本語版記事)。アップルも、早ければ2020年に電気自動車を発売する可能性がある(日本語版記事)。

なお、ヴァージン・グループの事業は拡大している。飛行機や、英国内の鉄道事業「ヴァージン・トレインズ」のほか、宇宙旅客機も開発中(日本語版記事)だ。独自のクルーズ船も近々進水させる。

TAG

CarEVFormulaEVirginGroupWIRED UK