遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第49回】

 全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)が主催する国内ロードレース選手権「Jプロツアー」の2015年シーズンが開幕。個人総合とチーム総合の2冠を目指すTeamUKYOは、開幕戦の地・宇都宮で幸先のいいスタートを切った。そこから見えてきた、新生TeamUKYOの武器とは――。

 3月15日、2015年のJプロツアー開幕戦・宇都宮クリテリウムが開催された。

「クリテリウム」とは、公道を封鎖して1周数キロの周回コースを設定し、その規定周回数の着順を争う形式のレースだ。特定の周回時などに一定間隔でスプリントポイントが設けられ、そこを先頭で通過した選手には賞典が与えられる。クリテリウムは総じて高低差の少ない平坦なレイアウトになることが多く、総走行距離は一般的なロードレースよりも短くなりがちだが、周回コースのコーナーを巧みに旋回しながら常に高いスピードを維持して走行し続けることが求められるため、選手個々の資質はもちろん、クリテリウムならではのチーム戦略が勝負を大きく左右する。

 今回の宇都宮クリテリウムは、栃木県宇都宮市郊外の清原工業団地に1周3キロの周回コースが設営され、全20周で争われた。スプリントポイントは4周目、8周目、12周目、16周目の終了時に設けられ、参加選手は20チーム141名。TeamUKYOからは、土井雪広、畑中勇介、窪木一茂、平井栄一、住吉宏太、オスカル・プジョル、サルバドール・グアルディオラ、パブロ・ウルタスンの8名がエントリーした。

 レース開始に先だち、今回の開幕戦の1週間前(3月8日)、練習中の事故により不慮の死をとげた和田力選手(マトリックス・パワータグ)へ1分間の黙祷が献げられ、1周目はマトリックスの選手たちを先頭に和田選手追悼のパレードランとなった。

 2周目がリアルスタートとなり、ここから本格的な戦いが始まった。レース序盤は、数名の選手が集団からの逃げを計るものの、集団を牽引してコントロールする土井やプジョルのTeamUKYO勢がそれを許さず、緊張感をはらんだまま周回を重ねていった。9周目にはグアルディオラら数名が飛び出して逃げ集団を構成するが、今度は昨年のチームチャンピオン・宇都宮ブリッツェンらがメイン集団を巧みにコントロールして牽引し、トップグループは大集団のままレースは終盤にさしかかった。

 ラスト3周となったところで、長いホームストレートのコントロールライン手前で大人数の落車が発生。この落車した集団が次の周回でレースへの復帰を計った際、今度はコントロールラインを通過したところで再び集団大落車が発生してしまう。このようなアクシデントは不可抗力という側面があるものの、上位選手と下位のレベル差が激しいために起きたことで、Jプロツアーの課題が悪い形で露呈してしまったともいえるだろう。また、選手たちのレース復帰に際して、やや混乱が生じていたのも事実だ。ともあれ、今回の出来事を教訓として、運営側にはさらに安全で競技性の高いレース進行と統制を期待したい。

 この大きな集団落車では、主力選手を失ってしまったチームもある中、TeamUKYOはほとんどの選手が先頭近辺を走行していたために難を逃れた。だが、住吉宏太が2回目の大落車の煽(あお)りを受け、リタイアを余儀なくされた。

 20周目の最終ラップを迎え、ほとんどの選手をトップグループに残していたTeamUKYOは、当初の戦略どおりに万全の体制で選手たちが次々と発射台(※)を構成した。最後はゴールライン手前で、パブロ・ウルタスンのリードアウトから窪木一茂が飛び出し、スプリント勝負を制して優勝を飾った。オムニアム(トラック競技)日本チャンピオンの窪木は、持ち味のスピード力を存分に発揮して収めた勝利に、「やっぱり、勝つとうれしいです!」と全身で喜びを表した。

※ゴール残り1キロを切るあたりからアシストの選手は発射台役として全力走行(数百メートルしか持たない無酸素運動)で集団から飛び出し、エースを牽引して勝たせる戦術。

「レースではみんなが固まって一緒に動いてくれたので、スプリントしやすかった。チームの力があったから勝てた。僕は最後の数百メートルを、ただ必死でもがいただけです。去年よりチーム力は断然、上がっていると実感しました」

 実は、窪木は今回のレース前から風邪をひいて体調が万全ではなく、レース当日も熱が治まらない状態だったという。

「レース直前のオーダーで、『今日は窪木で行くぞ!』と言われて、『えっ、マジですか?』という状態だったんですけど、託された以上はやらなくちゃいけないので、気持ちを切り換えて今日は絶対に頑張ろうという気持ちで臨みました」

 さらにもうひとつ、窪木には今日のレースで何としてでも勝たなければならない大きな理由があった。

 1週間前に他界した和田選手は、窪木の日本大学時代の2年後輩で、しかも和歌山県代表のチームメイトとして、国体やオリンピックを目指してともにトレーニングをしてきた間柄であった。

「和田への思いも込めて、今日は絶対に勝つという気持ちで走りました」

 窪木はゴール後、手首に巻いた黒い腕章を空に向かって掲げた。

 窪木の言葉にもあるとおり、今回の優勝は、TeamUKYOが総合力を発揮して得た勝利だ。ウルタスンが3位入賞、畑中は5位に入り、グアルディオラがポイント賞(12周目)を獲得しているところからも、今年の彼らの高いチーム力をはっきりと見て取ることができる。

 キャプテンの土井も、満足げな表情でレースを振り返った。

「能力の高い選手が入ってくると、こういうレースができるね。パブロ(・ウルタスン)やオスカル(・プジョル)やサルバドール(・グアルディオラ)は皆、僕からの指示がなくても動かなきゃいけないところできっちりと動いて、レースを組み立てることができる。だから、今日はストレスなく勝利に持っていくことができました」

 だが、その一方で土井は、「開幕戦の勝利は嬉しいけれど、クリテリウムとロードレースはまた違うし、チームもまだ課題はあると思う。今後も気持ちを引き締めて取り組みたいと思います」とも話す。

 次のレースは、3月22日から26日まで行なわれるツール・ド・台湾。UCIアジアツアーのクラス1に分類されるステージレースだ。このレースに、TeamUKYOは土井、窪木、グアルディオラ、プジョル、ウルタスンという陣容で臨む。

 昨年以上に充実したチーム力を蓄えつつある彼らが、アジアの強豪たちの中で果たしてどのようなパフォーマンスを発揮するのか。Jプロツアー初戦の戦いぶりを見る限りでは、期待をしてもよさそうだ。

(次回に続く)

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira