中国が2035年に超高齢社会に突入 「経済減速」などの危機に直面

ざっくり言うと

  • 中国は2035年に超高齢社会に突入、高齢者は総人口の5%以上を占める見通し
  • 研究では、経済が減速し資産価格の急激な変動が起こるとみられている
  • また高齢者の就職が普遍的な現象になり、高齢者の介護が難しくなるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング