ホールアウト後、ファンにサインする宮里(Photo by Christian Petersen/Getty Images)

写真拡大

<JTBCファウンダーズ・カップ 最終日◇22日◇ワイルドファイアGC(6,583ヤード・パー72)>
女子プロの特選フォト満載!「写真館」
 アリゾナ州のワイルドファイアGCで開催された米国女子ツアー「JTBCファウンダーズ・カップ」の最終日。トータル6アンダー43位タイから出た宮里藍がこの日8バーディ・2ボギーの“66”と爆発。スコアを6つ伸ばしトータル12アンダー・17位タイで昨年7月以来となるトップ20でのフィニッシュを決めた。
 宮里は前半で6つのバーディを量産。「すごく落ち着いていて、こういう感覚はすごく久しぶりだなと思って前半はやっていた。ほんとに考えていることも少なくて、自分らしいというか、もともとこういうふうにプレーをしていたと思う」とかって好調だったころの自らのプレーを久しぶりに体感。「日曜日にこれだけ伸ばせたのは自信にもなるしすごく良い一日だったと思います」と、これまで2位に2回入った得意大会で大きな手ごたえを得た。
 今季はコンスタントにトップ20に入るのが目標だが、今週ようやくそれをクリア。「こういうふうに1つ1つやっていきたい」、これからもこのようなプレーを着実に積み重ね手ごたえを結果につなげられるようプレーしていく。
 その他の日本勢は野村敏京が24位タイ、宮里美香が37位タイ、上原彩子が45位タイでフィニッシュ。今季、米国女子ツアーは韓国系の選手が週連続で優勝。日本勢は今季もあまり元気がないが、復調傾向の宮里をはじめ同じアジア人の活躍を刺激にツアーで存在感を示してもらいたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>