グッチとwill.i.amが「スマートバンド」でコラボ

写真拡大

ラッパーのwill.i.am(ウィル・アイ・アム)が、ファッションブランドのグッチと提携してスマートバンドの開発に携わることになった。

「グッチとwill.i.amが「スマートバンド」でコラボ」の写真・リンク付きの記事はこちら

ラッパーのwill.i.am(ウィル・アイ・アム)は、ファッションブランドのグッチとコラボレーションしてスマートバンド開発に携わることになった。

3月19日付けの『Vogue』誌が独占報道。同時に、時計の見本市「バーゼル・フェア」(Baselworld)で披露された。

発表写真では、ゴムでできているらしきバンドに、同じ幅の長方形の画面が埋め込まれている。また、グッチのプレス向け画像を見ると、つや消しブラックのバンドには、光沢のあるパターンが彫られている。ただ、CNETが掲載した記者会見の写真によると、will.i.amはホワイトのプロトタイプを装着しており、カラーヴァリエーションがいくつかあるようだ。

このスマートバンドは、スマートフォンとテザリングしなくても機能する、スタンドアロン型のデヴァイスとしてつくられている。SIMカードを搭載して、電話の受発信、テキストメッセージや電子メールの送信、音楽やカレンダーの保存、フィットネスの記録などを行える。また、アップルの「Siri」やマイクロソフトの「Cortana」に似た、声で始動する独自のパーソナルアシスタント機能を備えているという。

画面解像度、バッテリー駆動時間、プロセッサーといった、スマートバンドの性能を左右する重要な詳細は、まだ発表されていない。今回の発表は純粋にファッションと機能が中心だったため、価格や発売時期もまったくわかっていない。

ミュージシャンであるwill.i.amの今回の取り組みは、スマートカフ「PULS」に続く、will.i.amの「ファッション哲学」の一環だ。ファッションとテクノロジーの融合というコンセプトはとても単純明快だが、will.i.amは最もしたたかなアプローチをとっていると言ってよいかもしれない。

関連記事

will.i.amがつくるウェアラブルデヴァイス「Puls」

ウェアラブル市場には、あらゆる種類の企業が参入を始めており、テック企業とファッション業界との頻繁に提携も行われている。インテルは、高級時計メーカーFossil社や、ファッションブランドのOpening Ceremony社と提携(スマートカフを開発・販売している)。アップルも、ファッション業界の大物たちを雇い入れている。

また、スマートウォッチ市場にいち早く参入していたテック企業各社は、不格好なニッチ向けの製品ではなく真に求められる製品を開発するため、デザインの見直しを絶えず迫られている。

関連記事「音楽をつくる」は「曲を売る」ではない:will.i.amが考える新しい音楽

TAG

DesignGucciSmartwatchWearableWearable DeviceWilliamWIRED UK