ツアー2勝目を挙げた19歳のキム・ヒョージュ(Photo by Christian Petersen/Getty Images)

写真拡大

<JTBCファウンダーズ・カップ 最終日◇22日◇ワイルドファイアGC(6,583ヤード・パー72)>
 アリゾナ州のワイルドファイアGCで開催された米国女子ツアー「JTBCファウンダーズ・カップ」の最終日。単独主位からスタートした若きメジャー覇者、キム・ヒョージュ(韓国)がこの日もスコアを5つ伸ばしトータル21アンダーで逃げ切り米ツアー通算2勝目を挙げた。
女子プロたちの特選フォトは「写真館」で
 昨年のメジャー「エビアン選手権」を制したキムは実力者のステーシー・ルイス(米国)らの追撃を受けるも7バーディ・2ボギーの“67”と安定したプレーで後続を突き放し終わってみれば3打差をつけた。これで6戦が終わり、勝者はいずれも韓国系の選手に(リディア・コは韓国系ニュージーランド人)。今季も圧倒的な強さをみせている。
 単独2位にはトータル18アンダーのルイス、首位と5打差の3位タイにはイルヒー・リー、イ・ミヒャンら韓国勢とタイのポーナノン・パットラムがつけた。
 日本勢の最高位は17位タイの宮里藍。その他、野村敏京が24位タイ、宮里美香が37位タイ、上原彩子が45位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>