注目の情報技術人材育成プログラム、AIITの「enPiT」では何が学べるのか?

写真拡大

日本国内の15大学にて提供されている教育プログラム「enPiT」。そのうちの一校であるAIIT(産業技術大学院大学)では、最先端の情報技術を実践的に活用できる人材を目指す受講者たちが、チームごとに開発したウェブサーヴィスを発表した。昨年WIRED.jpで紹介して大きな反響を呼んだこのプログラム。1年を通して、受講者たちは実際に何を学ぶことができたのか?

「注目の情報技術人材育成プログラム、AIITの「enPiT」では何が学べるのか?」の写真・リンク付きの記事はこちら

AIIT(産業技術大学院大学)が無償で提供している教育プログラム「enPiT(Education Network for Practical Information Technologies)」。これは、文部科学省による「情報技術人材育成のための実践教育ネットワーク形成事業」のことで、AIITをはじめとする日本国内の15大学が情報技術を活用して、社会の具体的な課題を解決できる人材の育成を目標としたカリキュラムを組んでいる。

enPiTが対象とする教育分野は「クラウドコンピューティング」「セキュリティ」「組込みシステム」「ビジネスアプリケーション」の4分野で、そのうちAIITが提供しているのは、ビジネスアプリケーション分野のプログラムだ。なかでも同大学は、社会人にも積極的に門戸を開いており、さまざまな人材がプログラムに参加している。

関連記事
受講料無料! 誰でもWeb開発者になれる、注目の大学教育プログラム「enPiT」

このプログラムの集大成となる「産業技術大学院大学2014年度enPiTプログラム成果発表会」が、15年2月下旬に同大学にて開催された

アジャイル開発手法のひとつであるスクラムを中心に開発手法を学ぶ「スクラムコース」の5チームと、海外の大学と遠隔PBL(Project-Based Learning)を実施する「グローバルコース」の3チームが、自ら取り組んだプロジェクトを披露、優秀賞と最優秀賞が選ばれた。

実際に機能するウェブサーヴィスを開発

成果発表会のプレゼンテーションは、スクラムコースのチームから始まった。最初に壇上に立ったチーム・wassermannの作品は、ランチの店を提案する「aimai-lunch」だ。好みの男性を選ぶ感覚で写真や雰囲気、評判、または独自のアルゴリズムによる“運命”によって店舗を提案するサーヴィスを披露した。

チーム土曜日が発表したのは、3つの質問に答えるだけでおすすめの旅先を10カ所表示するという「タビノタネ〜海外旅行先レコメンドサービス」。旅行先を決めるとき、“知っている場所しか思い浮かばない”という当たり前を覆し、思いつかない場所まで提案してくれるという。

3番目のチーム・Tonikaの作品は、Twitterを利用して薬を飲み忘れないよう通知するリマインダーアプリ『TasQuel』。4番目のチーム・IRohashは、チケットの売り手と買い手をマッチングするチケット交換サイト「eXtick」を発表し、Project KUAが温泉情報に特化した地図情報サーヴィス「Qua Map」を披露し、スクラムコースの発表を締めくくった。

_DSC1674

海外の学生とチームを組む「グローバルコース」の発表は、すべて英語で行われる。

グローバルコースの発表は、すべて英語にて行われた。グローバルコースのトップバッターは、ロボット開発チームだ。AIITの学生はもちろん、ブルネイおよびニュージーランドの学生と共同でプロジェクトを進めた。完成した作品「BuddyBot System」は、慢性的な病気をもつ子どもが「薬を飲む」といったミッションを達成するたびにポイントを与え、ポイントを集めてロボットを組み立てていくというものだ。

日本人とベトナム人のチーム・Web開発Aチームは、FacebookやTwitterなどのSNSと連携し、クイズの作成や回答ができる投稿型クイズプラットフォーム「Socio Quiz」を発表し、最後のチーム・Web開発Bチームが、大学講義用ヴィデオ配信システム「BlueBee Video Hosting System」を披露。彼らは、Web開発Aチームと同じくベトナムの学生と共同で、YouTubeのAPIを利用した動画学習サーヴィスを開発した。

グローバルコースのチームは皆、海外の学生との遠隔コミュニケーションを通して開発を進めた。一般の学生ではあまり体験できない特殊な環境だったが、Web開発Aチームの学生は「言語が問題になることはない。さまざまな国の仲間とオンラインでコミュニケーションするにあたって、完璧な英語を話す必要はなく、前向きな姿勢でプロジェクトの成功に向かうことが大切だ」と述べた。

各チームのプレゼンテーションが終了後、優秀賞と最優秀賞が発表された。優秀賞にはwassermann(「aimai-lunch」)が、最優秀賞にはチーム土曜日(「タビノタネ〜海外旅行先レコメンドサービス」)が選ばれた。チーム土曜日はAIITや筑波大学、はこだて未来大学などによるenPiTビジネスアプリケーション分野ワークショップにも参加し、ここでも1位を獲得している。

TAG

EducationEngineerUniversityWIRED Promotion

_DSC1758

数多くの「できない」から学んだという竹葉美沙のチーム・wassermannは、ランチの店を提案する「aimai-lunch」で優秀賞を受賞した。

会社では得られない学びの場

何カ月ものプロジェクトに取り組み、成果発表会を経た参加者たちは、このプログラムを通じて何を感じたのだろうか。

優秀賞を獲得したwassermannの竹葉美沙は、普段はITサーヴィス企業のR&Dセンターに勤務する開発者だ。enPiTに参加したきっかけは、「会社でスクラムのようなことをやってみたがうまくいかず、もっと勉強してみたかった」ためだという。AIITで学習し、プロジェクトを終えた感想を聞くと、「このようなやり方があるということは本で読んで知っていたのですが、知っていることと実際にやることはまったく違った。ここで実践する機会を得て、本当に良かったと思っています」と語る。

また、AIITでは「会社ではできないことをやりたかった」と言う竹葉氏。そのひとつが「残業しないこと」だった。今回のプロジェクトでは、タイムボックス厳守を1つの方針とし、見積もりの甘さやバグの発生で作業に遅延が発生しても、作業時間を延長して取り組むことはしなかった。その場合、みんなの前で「今回はできなかった」という事実を発表するのだという。

「できなかったことを告白するのは、自分でも非常にショックなこと。ただ、その分翌週にできたときの喜びは大きくて、痛みと喜びの両方を実感できました。これは会社では絶対体験できないこと」だと竹葉氏は語る。この体験により、竹葉氏は「自分の実力と向き合って、それを正直に告白することの大切さを学んだ」と述べ、メンタル面においてもこのプログラムに参加した意義は大きいとした。

同プログラムへの参加を検討している人へのアドヴァイスとして竹葉氏は、「ここには思い切って失敗しに来てほしい」と語る。会社にいると、簡単に失敗できないことはもちろん、残業してでも仕事を終わらせようとしてしまう。覚悟を決めて失敗することで、自分のできない部分が見えてくるのだという。「きっと、いままで何でもそつなくこなしていた人こそ、心に響くプログラムなはず」だと竹葉氏は述べた。

一方、最優秀賞を獲得したチーム土曜日の落合哲也は、これまでにプログラミングの経験はなく、普段は料理家のためのメディアマーケティングを手がけている。

enPiTはプログラミングを基礎から学ぶ場ではないため、その点では苦労したというが、「例えば『こういった機能をつくりたい』と思ったときに、何をどう調べればいいのかイメージできるようになった」と話す。「ITとはまったく離れた世界にいたので、特別な人がつくるものだと思っていました。でも、やればできるというマインドに変わりました」(落合氏)

_DSC1637

落合哲也は、まったくの初心者からプログラムをスタート。最優秀賞に選ばれた「タビノタネ〜海外旅行先レコメンドサービス」は、もともと彼のアイデアから始まったものだ。

同チームの作品である「タビノタネ」はそもそも落合氏のアイデアで、enPiTでのプロジェクトは一旦終了したが、www.tabinotane.comというドメインも取得し、今後もチームで開発を継続する予定だという。「enPiTに参加していちばん良かったのは、すばらしいメンバーに出会えたことと、アプリが評価されたことですね」と落合氏は言う。

今後も勉強を続けたいという落合氏は、enPiT終了後もAIITの授業を単位ごとに履修する考えだ。「ここでは実世界で使われている技術が学べる。また、言語のみならず、どのような流れで使われているかも学べるのが魅力です」と落合氏は述べている。

未経験者でも努力すればついていける

今回のプログラム主催者であったAIIT准教授の中鉢欣秀は、「さまざまなバックグラウンドをもった人に参加してもらえてよかった」と話す。2013年度の同プログラムでは、AIITの在学生が大半だったというが、今年度は約半数が外部からの参加者だったという。

外部からの参加者が多いことのメリットについて中鉢氏は、「大学内だけで閉じてしまうと、実務の現場でどのような課題があるのかわからない部分もある。実務経験者に多数集まってもらったことで、学生自体が教育の現場に課題をもち込むことになり、世の中の実態に即した内容になったと思っています。われわれ教育者側も刺激を受けたし、共に学び合う環境が構築できた」としている。

_DSC1800

プログラム主催者の中鉢欣秀准教授は、この1年間のベストプラクティスを大学内に蓄えて、来年度はさらに充実したプログラムにしていきたいという。

「次年度も、AIITの在学生、外部の社会人問わず、ソフトウェアでのものづくりに興味のある人に数多く参加してもらいたい」と中鉢氏。enPiTは、すでにプログラミングの基礎知識をもつ人を主な対象としているため、プログラミングそのものは別途学ぶ必要があるが、今年度参加した落合氏のように、未経験者でも努力すればついていけることは証明済みだ。

すでに実務で開発に関わっている人であれば、「いまの仕事のやり方に疑問をもち、改善したいと考えている人には特に最適な講座となるだろう」と、中鉢氏は次年度への思いを込めて語った。

enPiTは2015年度も引き続き開講する.AIITの申込締め切りは4/28を予定している。詳細はWebページをご覧いただきたい。

また、enPiTで受講した科目の単位は「AIIT単位バンク」に登録できる。これは有料の制度だが、将来、本学の修士課程に入学した場合、単位は認定され、登録の際に要した費用も戻ってくる。

AIIT 産業技術大学院大学
東京都品川区東大井1-10-40
お問い合わせ:tel.03-3472-7831
Web page: http://aiit.ac.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/aiit.ac.jp
Twitter: https://twitter.com/aiit4u

TAG

EducationEngineerUniversityWIRED Promotion