Windows 8.1/Android 5.0 OSを選べる

写真拡大

デルは、タブレット端末「Dell Venue(ベニュー)」シリーズから、初の10.1型タブレット「Venue 10 Pro」「Venue 10」を、2015年4月下旬に発売する。

脱着式キーボード付属、タブレットからノートPCスタイルまで5つのモードで

「Venue 10 Pro」は、OSにWindows 8.1 with Bing(32ビット版)が、「Venue 10」はAndroid 5.0(Lollipop)が、それぞれプリインストールされている。

共通の仕様として、脱着式キーボードが付属し、ノートパソコン(PC)のようなスタイルの「クラムシェルモード」や、ハンズフリーで動画・ゲームを楽しめる「テントモード」、「タブレット」など、合計5つのモードで利用できる。インターフェイスはフルサイズのUSB2.0、MicroHDMIを搭載。無線通信はIEEE802.11nとBluetooth 4.0に対応。LTE SIMフリーモデルのみGPSを搭載する。

「Venue 10 Pro」のラインアップは、Wi-Fiスタンダードモデル(直販価格は税別4万2980円)、Wi-Fiハイエンドモデル(同4万6980円)、LTE SIMフリーモデル(同5万6980円)の3機種。ディスプレイはワコムのスタイラスペンに対応。オフィスソフト「Office 2013 Home & Business」を標準搭載。

「Venue 10」のラインアップは、Wi-Fiモデル(直販価格は税込3万6980円)、LTE SIMフリーモデル(同4万5980円)の2機種。