1時間半を超える激闘制した飯島茜!うれしい5年ぶりのツアー優勝!(撮影:米山聡明)

写真拡大

<Tポイントレディス ゴルフトーナメント 最終日◇22日◇若木ゴルフ倶楽部(6,304ヤード・パー72)>
 1打差に5人がひしめく大混戦に加え、歴代で2番目の長さとなる6ホールのプレーオフの大激闘を制したのは、ここ4年間勝ち星から遠ざかっていた飯島茜だった。
飯島茜の特選PHOTOをチェック!
 昨日2位タイに浮上したものの、「最終日も欲をかかないで無理をせず。チャンスが来たときにものにできたら」と話していた飯島。スコアを1つ落として後半に入り、13番ではまさかのOBでダボ。万事休すかと思われたが、14番、16番でやっときたチャンスをものにしバーディを奪うと、最終18番パー5でもサードショットをピンにピタリとつけバーディ。先にホールアウトしクラブハウスリーダーとなっていた全美貞(ジョン・ミジョン)(韓国)に土壇場で追いつきプレーオフへ持ち込んだ。
 そのプレーオフは飛距離、攻め方が似ている2人で行われたこともあり一進一退。そうして3回目のピン位置変更が行われた6ホール目、3打目を92ヤードの位置からベタピンに付けると、全が長いバーディパットを外したのを見届けた後に落ち着いて沈め、1時間47分の激闘に自らの手で終止符を打った。
 飯島は過去6勝を挙げているものの、2010年の「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」以降勝ち星は無し。2012年のシーズン前に「若い子の方が勢いがあるし、居場所がなくなるんじゃないかな」と危機感を感じ、何かしなければと片山晋呉に教えを請うた。
 それからも中々結果に結びつかなかったが、教えてもらい始めて3年の時が経過した今年の1月。タイ合宿に行った時に飯島のスイングに劇的な変化が起こる。「クラブが前から入る癖がずっとあって、インパクトが薄かったんです。中々治らなくて…それがアプローチでも出ちゃうから、タイに行って2週間はひたすら短いクラブを練習しました」。
 すると突然、飯島自身が「インパクトの入りが良くなった」と感じるようになると、一緒に練習していた笠からも「すごい良い音してますね」と言われるくらい見違えてショットが良くなったという。そして帰国後、実際に片山に見てもらうと「もう大丈夫、すごい変わったね。やっと今までやってきたことが結びついたね」とお墨付きをもらうまでに。師匠が認めたそのショットは、パーオン率を劇的に高めたという。
 そしてその手応えは、パターにも良い効果を生み出した。「ずーっと頑固にクロスハンドで握ってたんですけど、ショットも良くなったしその感覚で打ってみようかなって」と今年の開幕を前に順手に戻した。ただ変えたものの自分の中では不安もあり、戻そうかと迷ったこともあった。そんな時に片山から「そっちのほうが入りそうだよ」と言われて順手を続けることを決意。片山の言葉通りに今大会でも次々にカップへ放り込んだ。
 今日の勝利で史上40人目となる生涯獲得賞金4億円を突破。「すごいですね。(ゴルフ)はずっとできるスポーツではないので、稼げるときにたくさん稼ぎたい」と笑顔を見せた飯島。5年ぶりの勝利に満足することなく、次の勝利を目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>