写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コンビニエンスストアを中心に展開している"ハズレなしのキャラクターくじ"「一番くじ」より、『一番くじ 銀魂〜美味しいものは糖とマヨでできている〜』が、全国のコンビニエンスストアや、書店、TSUTAYA、アニメイト、アミューズメント施設など(一部店舗を除く)で4月中旬から発売される。価格は1回620円。

『一番くじ 銀魂〜美味しいものは糖とマヨでできている〜』は、原作・空知英秋氏が漫画誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画で、TVアニメでは、2006年の『銀魂』を始め、『銀魂'』『銀魂'(延長戦)』が放送。2013年には劇場版第2弾が公開され、2105年4月8日より新シリーズの放送も决定している。今回の「一番くじ」は、本作を題材にしたA〜H賞の8等級26種にラストワン賞を加えた全27種のアイテムがラインナップされている。

A賞は、坂田銀時がフルカラーで描かれた全長約100cmの『マイクロファイバー バスタオル』(全1種)、B賞は、万事屋室内を再現できる小物が付属した全高約6.5cmのフィギュア『坂田銀時 ちびきゅんキャラ』(全1種)と銀時グッズを用意。続くC賞はマヨを片手に笑みを浮かべる全高約6cmの『土方十四郎 ちびきゅんキャラ』(全1種)、D賞は戦闘態勢を構える全高約6cmの『沖田総悟 ちびきゅんキャラ』(全1種)と人気の「ちびきゅんキャラ」シリーズを揃えている。

そして、E賞はお座りポーズをした定春とエリーの『お座り貯金箱』(全2種)。ほかにも、ちょっとした小物や飴玉などを置くことができる陶器製の『ミニ小皿』(全8種)、万事屋と真選組を並べると1枚の絵になる、描き下ろしイラストを使用したA6サイズ(2枚セット)の『ミニクリアファイルセット』(全5種)、ハンカチやランチクロスなどさまざまな使い方のできるマイクロファイバー素材の『ミニタオル』(全7種)など、日常でも使える雑貨アイテムが用意されている。

恒例のラストワン賞は、万事屋の3人のちびきゅんキャラがセットになった『万事屋 ちびきゅんキャラセット』(全1種)。本セットには万事屋室内の家具も付属しており、B賞と連動させて楽しむことができるという。なお、くじの半券を使って応募するダブルチャンスキャンペーンも同時に展開。100名に描き下ろしA1サイズの「ビッグポスター」(全1種)がプレゼントされる。さらに、今回は通常の「一番くじ」に加えて、ミニフィギュアが当たる『ミニフィギュアくじ』も引くことができ、何が出るか分からないクローズドパッケージに。「桃太郎飴」「ダークマター」「饅頭」「カップ」「ソーザー」「ショートケーキ」「チョコケーキ」と、約1cmのミニフィギュア計44種類となる。

さらに、現在、Twitterキャンペーン「美味しいものを召し上がれェェエ!!」を展開中。一番くじ公式ツイッター(@ichibanKUJI)をフォローし、キャンペーンハッシュタグ「#一番くじ銀魂糖とマヨ」が付いた公式アカウントのツイートをリツイート、もしくはキャンペーンハッシュタグを付けて商品に関する内容をツイートすると、ツイート&リツイート数に応じてイラストのシークレット部分が公開され、そのイラストが「モバイル用待ち受け画像」としてプレゼントされるというもの。キャンペーン期間は4月12日まで。

GINTAMA (C)S/STDSA(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・サンライズ・アニプレックス