高須院長に聞いた! レーシック手術受ける? それとも眼鏡?

写真拡大

視力を矯正することができる「レーシック手術」というものがありますね。裸眼で視力が回復するというので、眼鏡のような煩わしさがなく、「受けてみようかな」と思う人も多いとか。このレーシック手術について高須クリニック院長の高須克弥さんに話を伺いました。

今回なぜ高須院長に取材をしたかといいますと、高須院長は最先端の新技術を自分の体で試す人だからです。例えば、「おなかの脂肪を胸に移植して豊かにする」という、女性向けの技術でも自分に実践してみるのです。

そんな高須院長が「眼鏡を掛けている」。
バカな筆者もさすがにこれは不思議だと思ったわけです。

■高須院長は「お薦めしない」

――レーシックを高須先生はなぜ受けないのですか?

高須院長 以前、テレビで見たんだけどレーシックを勧めている有名な眼科のお医者さんが、眼鏡を掛けてたんだよ! そんなの見たら信用できないでしょ(笑)。

僕、個人的には、レーシックはお薦めしないなぁ。職業的に眼鏡やコンタクトじゃ駄目な理由があるなら仕方ないかもしれないけど……。少なくとも僕は、今まで眼鏡で不自由したことないからね。

――レーシック手術のデメリットとはどのようなものと考えますか?

高須院長 レーシックの場合は、角膜を削るわけだからね。もし手術に失敗して角膜が壊れちゃったら最後、移植するしかない。あと、角膜を削っても、治癒力で時間が経つと角膜は再生しちゃうわけ。

そうなると効果も落ちてくるわけでかなりリスクが大きいんだ。それこそハイリスクローリターン! まだまだレーシックは、技術として決して完成されたものではないんだよ。

――レーシック手術を考えている人に何かアドバイスをお願いいたします。

高須院長 まっ! とにかく焦らないことだね。眼鏡やコンタクトで事足りるなら、それで今は十分だと思うよ。白内障なんかの場合は、完全に視力が失われちゃうからそういうのは早く手術しなきゃ駄目だけど……。ちなみに、僕は白内障の眼内レンズ手術は体験済みだからね。

高須院長が指摘するデメリットをまとめましょう。

■レーシック手術のデメリット3つ
・角膜を削る手術であること
・角膜を削るのに失敗したら移植しかなくなる
・角膜が再生すると効果が薄れる

というわけで「レーシック手術はハイリスク、ローリターン」だそうです。高須院長に何度も取材している筆者などは、「高須院長が受けたら自分も受けよう」と思った次第です。

あなたは、レーシック手術を受けたいと思いますか?

⇒『高須クリニック』公式サイト
http://www.takasu.co.jp/

(高橋モータース@dcp)