ドローンと人間と、光と影の詩的なバレエ:ライゾマ×イレブンプレイ(動画あり)

写真拡大

ドローンの実用的な用途はさまざまあるが、そろそろ「アート」側面での活用を考えてもいいころだ。ライゾマティクスとイレブンプレイ、日本を代表する二者による映像が、ドローンを使った新たな演出方法を開拓している。

「ドローンと人間と、光と影の詩的なバレエ:ライゾマ×イレブンプレイ(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ドローンは物流を変える、人名救助に革命をもたらす、エトセトラ、エトセトラ!

ぼくらはいつもこんな未来を耳にしていて、ドローンをもっと詩的な目的のために用いようと考えることはあまりない。しかし、すべての技術がそうであるように、ドローンは商業用だけでなく、アートにも刺激を与えることができるものだ。そして『シャドウ』は、まさにその最新例である。

シャドウは、ダンスカンパニー・Elevenplay(イレブンプレイ)と、日本の花形デザインクルーであり、ここ最近、ドローンによるパフォーマンスの可能性を模索しているRhizomatiks(ライゾマティクス)によるコラボレーションだ。

Rhizomatiksの初期の取り組みは、基本的に“空飛ぶ小道具”としてドローンを使用するもので、確かに新しい試みではあったが、それだけだった。しかしシャドウにおいては、ドローンは、もっとよく考え抜かれた方法で使用されている。すなわち、「ロボットによるスポットライト」だ。ひとりのダンサーの周りでドローンは自らの位置を再調整し、全体に影と光の魅惑的な動きをもたらす。

これは、単に“クールな仕掛け”以上のものだ。ドローンを、より繊細で、表現力豊かな方法で用いる術を示している。

パフォーマーの周りで、3つの独立して動く光源を演出可能にすることで、おそらく他の方法では実現できなかったあらゆる種類の視覚的効果をつくり出すことができる。

Rhizomatiksの天才・真鍋大度は、こうした作成中の作品をしばしばYouTubeにアップしている。彼の最近のシリーズは、次にぼくらが目にすることになるかもしれないと期待できるものを示してくれている。それが、「24ドローン劇団」だ(下記動画)。これは、“飛行するスポットライト”という側面は少なくなり、むしろ“中空を漂う電球”、あるいは、動作をプログラミングできる“超大型のホタル”、といったところだ。

TAG

ArtDaitoManabeDesignDroneRhyzomatiksWIRED US