2月にオープンしたブルーボトルコーヒー。列は数時間待ち

写真拡大 (全2枚)

 シアトル系コーヒーの拡大に始まりカウンターコーヒーの普及など、近年、空前のコーヒーブームだ。いま盛り上がりを見せるのが、「サードウェーブコーヒー」。1カップずつ丁寧に入れた香り高いコーヒーを提供するカフェは続々と増え、とりわけ今年2月に上陸したブルーボトルコーヒーは、連日行列を作って大賑わいだ。一方、利便性が高いのが缶コーヒーだが、手軽さの中にコーヒーとしての味を追求した「プレミアム缶コーヒー」の存在感が高まっている。コーヒー需要が高まり、識別度も上がっている中、「本格志向」がキーワードに。そこで、自他共に認めるコーヒー好きの3人に飲み比べてもらった。

【座談会メンバー】
A氏…45才。会社員。あらゆるコーヒー店を飲み歩いているコーヒー通。毎日、朝晩欠かさず豆をひいてドリップコーヒーを飲む。
B氏…36才。ライター。編集部内で、缶コーヒーからシアトル系コーヒーまで幅広くコーヒーを常飲。
C嬢…27才。食後のコーヒーが毎日の楽しみというOL。ジャンルにこだわりはなく、味のおいしさ重視でコーヒーを選ぶ感覚派。

B氏:話題のブルーボトルコーヒーは、飲みました? 僕はブレンドを飲みましたが、香りがすごくよかった。噂どおり浅めの味だったけど、飲みやすいし美味しかった。僕はどちらかというとスターバックスのガッツリした味が好きなので、物足りなかったけど。

C嬢:私も並んで飲んできました。美味しかったです! ラテを飲んだので、ミルクが強すぎてなおさらコーヒーの味が薄かったですね。でも香りは本当に良かったです。

A氏:私は豆を買ってきてもらって飲みました。確かに豆をひいた時の匂いがすごくいい。ほどほどのコクがあって、なおかつ時間が経っても酸味が出なくて。出がらしで超アメリカンにして飲んでもみたけど、やっぱり酸味がなくて、美味しく飲めたので驚きでした。

C嬢:ブルーボトルコーヒーは、焙煎して48時間以内の豆というのと、バリスタが作ってくれるというのがウリなんですよね。

B氏:スターバックスのブレンドの味が店ごとに違う感じがしていたのは、焙煎した時間の差なのかな?って今思いました。みなさん缶コーヒーってどうですか? 気分転換に缶コーヒーブレイクをとるんですが、ここ最近で新しく発売されたプレミアム缶コーヒーなんかは進化しているなと個人的には思いました。

 そういえば、バリスタといえば、ダイドーの新商品「泡立つプレミアム」(130円、税抜)は、2013年に世界一となったバリスタが監修しているらしいですよ。B級グルメ的な位置付けだった缶コーヒーが、最近は本格志向になっていますよね。猿田彦珈琲とか、タリーズも出ているし。美味しくなったなぁという感じがある。

A氏:別腹というか、缶コーヒーは缶コーヒーで飲みたくなる時がありますよね。ガムや煙草と同じ感覚で、缶コーヒーじゃなきゃだめな時がある。電車移動の時だろうと手軽に買えますし。会社でも、たばこを吸う人がいなくなってきた今、缶コーヒーを手にたむろって語らう良さがある。

C嬢:スタバやタリーズは、お店で飲むと雰囲気を味わえるけど、なかなかいいお値段ですよね。ブルーボトルコーヒーなんて、さらに高い。ラテで520円(税込)しますから、日常価格ではないですよね。缶コーヒーだったら並ばずどこでも買えますし、安いし、美味しければ得した気分になります(笑い)。

B氏:缶コーヒーの良さって、身近なところですよね。味も昔より酸味はなくなったし、缶コーヒーは全体的にここ数年で美味しくなりましたよね。本格コーヒーに近くなってきた。だから今は“コーヒー戦国時代”だなと。ここ最近、盛り上がっているプレミアム缶コーヒーも各社、進化やこだわりを見せてきていますね。

 キリンの「別格 希少珈琲」(200円、税抜)は、まずデザインが目を引きますね。あと大きい! 味も強い主張がなくて飲みやすい。ただ、コーヒー感は薄いかな?

A氏:あ、口当たりがよくて飲みやすい。缶コーヒー独特の変な甘さがないですね。アメリカンにミルク入れたコーヒーっぽい味。アメリカン好きは飛びつくと思う。

C嬢:うーん、私は飲んでいるうちに味がなくなってくる感じがしました。サイズが大きい分、わざと薄味にして飲みやすくしているんでしょうね。薄めだからこそ、グビグビと飲める。こんなに量はいらないけど、冷えていてアイスだったら夏でもゴクゴク飲めると思います。

A氏:サントリーのボスシリーズを飲んでいる男の人は多いですね。この「プレミアボス」(115円、税抜)は、ミルクが入っているからマイルド。僕には甘くて薄いかな。香料の強い味というか、缶コーヒー独特の後味が残る感じがします。疲れていて甘いものを飲みたい時にはいいかも。

B氏:ボスらしい味、という感じ。ミルク感、甘さ、コーヒーの風味があって、一気のみサイズだし、グビッと飲める。

C嬢:よくある缶コーヒーの味…ですかね。コーヒーの香りが強いです。甘さ強めは女性向きかもしれませんね。

A氏:振ってから飲む「泡立つプレミアム」は面白いですよね。泡立ちがきめ細かで、ミルクが入っているのに泡立つのはすごい。甘みは強すぎず、コクもある。昨年の「泡立つデミタスエスプレッソ」は苦ウマくてツウ向けという感じだったけど、今回の「泡立つプレミアム」は間口が広がった感じ。でありながらも味は本格的。

C嬢:振らずに飲んでました(笑い)。あ!よく振って飲んだら全然違う!美味しいです。変な酸味が残らないし。いつも缶コーヒーを飲んだ後の後味が苦手でしたが、これは後残りがないですね。香料が無添加なのも、健康志向としてはポイント高いです(笑い)。「別格 希少珈琲」と「泡立つプレミアム」は、どちらも味の後残りがなくていいです。でも個人的な好みは、カフェラテっぽい「泡立つプレミアム」だな。

B氏:うん、口当たりがいいですね。いちばんラテっぽい味。ミルク好きや、甘めが好きな人は好みだと思う。説明には10回以上振るとありますが、30回以上振ると泡立ちがより立って、きめも細かくていい感じです。

A氏:こうやって飲み比べてみると、豆の価格が高くなっている中で、価格をぎりぎりに抑えて質を良くって、缶コーヒーの努力を感じますね。みんな舌が肥えて、「安くても、美味しくなきゃ」ってところがありますからね。

B氏:缶コーヒーの良さは、忙しい時でも手軽に飲めること。昔よりも口当たりよく、断然飲みやすくなった。本格的になっているのに安く買えるってところですよね。時間がある時にはゆったりとサードウェーブコーヒーを飲むのもまた至福。こだわりやいいところがそれぞれにあるから、個人の好みやライフスタイルで選ぶといいですね。