チュニジア博物館襲撃での「警備の不手際」を大統領が認める

ざっくり言うと

  • チュニジアの博物館で18日、銃を持った武装集団が観光客らを襲撃した事件
  • 同国のカイドセブシ大統領は21日、治安上の「不手際」があったことを認めた
  • 記者に対し「警察と情報当局は十分に機能していなかった」ともコメントした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング