“盛り力”が人生を大きく左右する、のかも

写真拡大

 LINE、Facebook、ツイッター……我々の生活にもはや欠かすことのできないSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。しかしなんとなくサイトに登録し、漫然と写真や文章を投稿して、流れ来る友人のタイムラインを追っているだけでは退屈だし、なによりもったいない。

 LINEで好きな相手のハートを掴み、Facebookで就活に有利な情報を得て、ツイッターで趣味の合う友達を作る、そんなことを実際に成し得ている「情強」たちがいるのも事実だ。SNS上でいかに効果的かつ効率的に自己プロデュースをするか。つまりどれだけ自分を「盛る」ことができるのかが語られているのが、3月に発売された「SNS盛り」(犬山紙子/学研)だ。本著では主に女性のセルフプロデュース技を軽やかなエッセイとイラストで分かりやすく指南している。

 実際に犬山氏自身、ニート時代に自主的に綴っていたブログがネット上で話題となり、記事をまとめた書籍「負け美女 ルックスが仇になる」(マガジンハウス)で2011年にデビューしたという「SNSサクセスストーリー」を体現している。かくいう筆者もデビュー前の犬山氏とはツイッター上で知り合い、意気投合。今では唯一無二の親友となっている。おそるべし、SNSパワー!

「上司がLINEで3行書いて来たら、5行書いて返す」

 本著では、LINE、Facebook、Instagram、Twitterの4つのSNSごとに分け、それぞれに効果的な「盛りテク」とマナー、タブーを男女相手別に紹介している。

 まずはスマホを持っている若者層ならば、ほぼ誰もが使用しているだろうLINE。一対一でやり取りすることが多々あるので、恋愛シーンでも一番気合いを入れるべきSNSともいえよう。

 犬山氏いわく、プロフィール用のアイコン写真はプリクラでも気合いの入った自撮りでもNG。一番「男盛り(対男性に効果的な自己プロデュース)」できるのは、観光地の顔ハメでの恥ずかしそうにしている写真、あるいは遊園地の動くパンダの乗り物に乗ってのダブルピースなのだとか。キメキメのものよりも、

「なにやってんだよ、カワイイことして」

 と“隙がある感じ”が重要なのだという。

 逆にトホホな失敗例としては、女友達にウケたオッサン(ややキモめ)のアイコンで彼氏にラブラブなメッセージを送りつけて、付き合って2ヶ月でまさかのセックスレスに突入した……なんて笑うに笑えないエピソードも。

 また職場でのLINE活用術は、

「上司がLINEで3行書いて来たら、5行書いて返す」

 など細部に渡っての実践テクが満載。

 上級者になるとビジネス用に使えるスタンプを絶妙なタイミングで使って、上司やクライアントに言いにくいことも上手に伝える女子もいるのだとか。

 職場内の人間関係を円滑にするLINEでの「SNS盛り」は是非チェックしておきたいものだ。

(取材・文/アケミン)