家電量販店にズラリと並ぶスティック型掃除機

写真拡大

 花粉対策や新生活のスタート時期も重なり、家電量販店などでは掃除機のコーナーが盛況だ。いまや掃除機は買い替え需要だけではなく、「2台持ち」も珍しくない時代。中でも、売れ筋はスティック型の掃除機である。

「本体の大きな掃除機(キャニスター式)は持ち運びが大変なうえ、部屋ごとにコードを繋ぐコンセントを替えるなど一仕事でした。その点、スティックタイプはコードレスの充電式ですし、ちょっとした部屋の掃除や車の中にも持っていけるので、目的に応じて使い分けています」(30代主婦)

 ここ数年の間で、スティック型掃除機は国内メーカー各社から多数登場し、選ぶのも迷うほどの“百花繚乱”状態となっているが、もともと海外メーカーの製品が火付け役となった。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏が解説する。

「スウェーデンのエレクトロラックス社が2004年に発売したスティックタイプの『エルゴラピードシリーズ』を皮切りに、ダイソンが2006年にハンディータイプの『ルート6 DC16』を発売したことで、一気に注目度が高まりました」

 脅威の集じん・吸引力を売りに人気を博すダイソンはその後、2011年に〈コードレス掃除機で家全体を掃除する〉とのコンセプトでロングノズルを付属する『Dyson Digital Slim DC35』を発売し、スティック型掃除機のジャンルを確立させた。

 現在もスティック型は〈エレクトロラックスタイプ〉と〈ダイソンタイプ〉に大別され、それぞれにメリットとデメリットがある。

「エレクトロラックスタイプは重心が低く、ハンディー掃除機を本体から取り外せる『2in1方式』になっているモデルも多いため、手軽にテーブルの上などを掃除しやすいのが特徴です。その代わりロングノズルのまま壁や天井、エアコンの上などを掃除するのには向きません。

 一方、ダイソンタイプは手元に重心があるスタイルで、さまざまな場所をガッツリと掃除したい人にはお薦めですが、重さがある分、フロア掃除でも少し力を入れなければなりません。また、エレクトロラックスタイプのように専用の充電台がなく本体充電式なので、収納に難ありのモデルも多いので注意が必要です」(前出・安蔵氏)

 日本メーカーも決して負けてはいない。両タイプの一長一短に縛られず、独自の機能を詰め込んだスティック型掃除機を発売して差別化を図っている。

 例えば、東芝の『TORNEO Vコードレス(VC−CL100)』は、延長管をつけても肩掛け式で高所の掃除ができるスタイルを採用。パナソニックの『MC−BU100J』は、ヘッド部が壁に当たるとブラシが隅のゴミを強力に吸い出してくれる「ガバとりパワーノズル」を搭載している。

 また、シャープの『FREED EC−SX200』は充電池の取り外しが可能で、別売りの充電池を購入すれば長時間使用ができる。

「同製品は収納面では若干の難点があるものの、急速充電器が付属されているなど他社にはない充電スタイルに加え、値段の安さ(実勢価格3万870円)も魅力です」(安蔵氏)

 そして、いま最も注目を浴びているのが、三菱電機が3月に発売したばかりの『iNSTICK(インスティック)』(実勢価格5万5470円)だ。

 なんとこの掃除機は、スティック型のクリーナー本体を収納する充電台に空気清浄機がついている。「出しておく掃除機」をコンセプトに、空気清浄機として使う場合のインテリアを考慮して、円柱型のオシャレなデザインとなっている。

「1台で2度おいしい機能もさることながら、ダイソンにはない『充電・収納のしやすさ』も実現したモデルです。発売直後で価格は高めですが、大ヒットの予感がします」(安蔵氏)

“ちょい掃除”にはもったいないほどの進化を遂げているスティック型掃除機。今後、2台目ではなく主役に躍り出る可能性も十分にある。