辻仁成の11歳の息子が通訳兼カメラマンとして大活躍

ざっくり言うと

  • 辻仁成が監督、脚本の映画が20日、国際アジア映画祭で公式上映された
  • 辻は11歳の長男が通訳兼カメラマンとして同行し、大活躍したことを報告
  • 舞台挨拶の練習では発音を厳しく指導し、本番では立ちっぱなしで撮影した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング