福岡U-18の長身ボランチ、冨安がCBとしてU-17日本代表の守りに安定もたらす

写真拡大

 昨年、アビスパ福岡U-18の一員としてサニックス杯に出場したCB冨安健洋(福岡U-18)は今年、U-17日本代表として大会に臨んでいる。大会2日目を終えてU-17日本代表、福岡U-18ともに準々決勝進出。所属する福岡U-18と戦うことになれば、それはひとつの楽しみだが、現在の目標は大会初戦で敗れた韓国への雪辱だ。「無失点に抑えることを意識していますし、(U-17W杯の)最終予選で負けた韓国とやるということで1試合目は勝ち切れなくて負けてしまったんですけど、次は決勝でやって勝てるように頑張りたいと思います」と誓った。

 中学生時代から上の世代の代表チームに選出されてきた冨安は、福岡U-18ではボランチを務める。「ボランチになると攻撃にも守備にも顔を出さないといけないですし、そういう意味で自分は運動量も武器のひとつなのでボランチの方が生きるかなと思っています。ボランチの時は裏に抜けて、守備のときは予測して攻撃の芽を摘むことを意識しています。将来的にはボランチやりながらどこでも出来る選手になっていきたい。山口蛍選手だったり、細貝選手は守備の予測が速く、一歩目が速くてインターセプトを良くしている。そういう選手になっていきたい」。

 自信を持っている運動量、そして180cm超の長身を持つMFは今大会、CBとして出場中。韓国戦では不運な形の失点からPK戦で敗れたものの、その高さで相手の攻撃を次々と跳ね返して韓国にほぼ決定機を作らせなかった。「声でリーダーシップ取ってDFラインのコントロールをして、攻撃では相手の状況しっかり見て判断をするということを意識しています」。CBとしても期待の冨安はU-17日本代表の守りを安定させ、サニックス杯優勝をもたらす。

 高校2年生になる今年の目標は「(チームとしては)プリンスリーグで優勝してプレミアリーグに上がることとクラブユースではベスト4以上、Jユースではファイナリストになるということを目標にやっています。(個人としても)今年中に(トップチームの)2種登録ができればいいと思います」。冨安とFW崎村祐丞が代表招集されている中で福岡U-18もFW稗田圭吾の先制ゴールなどによって星稜高を3-0で破るなど今回のサニックス杯で実力の高さを示している。今年、冨安は個人で、チームで目標を達成する。

(取材・文 吉田太郎)