会長選に敗れた増田寛也・岩手県知事(写真左)と握手を交わす新会長の麻生渡・福岡県知事(撮影:徳永裕介)

写真拡大

 初めての選挙となった全国知事会の会長選で、福岡県の麻生渡知事が当選した。麻生新体制への各知事の思いが錯綜する中、共通して言えるのは、麻生氏の中央官庁への存在感についてだろう。

 「問題調整型の方になって、霞ヶ関の官僚にとっては大変好ましい」。田中康夫・長野県知事はこう皮肉った。これまで選挙が無かったということ自体、知事会が問題調整機関であったことを示す。会長が名誉職的な意味合いがなかったとも言い切れない。

 選挙に大きな争点は無かった。それだけに、一部の知事からはリーダーシップを強く発揮する新会長を求めていた感があった。多忙な知事らが一堂に会するのは容易でない。梶原拓・前会長(前岐阜県知事)は退任会見で「次の会長はある程度ワンマンに決めていく人がいいのではないか」と言い残していた。

 今回の選挙では一部から、霞ヶ関に対して物申す石原慎太郎・東京都知事を推す声があった。当の石原氏は投票に代理を立てて、姿を見せなかった。麻生氏は「大人物ですからね、あいさつに行きたい。是非、中に入ってほしい」とラブ・コールした。【了】

全国知事会、新会長に麻生氏(2)