税金ゼロになるNISA口座を開くときは 「特定口座の源泉徴収なし」を一緒に選べ!

写真拡大

これから株を始めようと思った人で1年間の投資額が100万円未満ならば、税金ゼロのNISA口座がオススメ。ところがこのNISA口座を開くには、同時に3つの証券口座のうちの1つを選んで一緒に口座開設をしなければならない。いったいどの口座を選んで、NISA口座を開けばいいのか教えよう。

証券会社にNISA口座だけは開けない!
「特定口座の源泉徴収あり」には落とし穴が

 株を始める第一歩となる株の口座開設で、いきなり迷うのが「どの口座を開くべき」か。

 株の口座には4種類あり申し込み時に選ぶ必要がある(口座の特徴は表を参照)。その中でもオススメなのが特定口座(源泉徴収なし)と、NISA口座の組み合わせ。


 NISAは2014年からスタートした制度で、この口座で買った株の儲けや配当金への税金がゼロになる。ただし、NISAで買えるのは現状年間100万円までという上限枠があるが、他の口座では儲けや配当金に対して20.315%の税金が取られるので、毎年100万円に達するまではNISA口座を利用するのが賢いやり方だ。

 ただ、NISA口座だけを開設することはできないので、残り3つの中から1つを選ぶ必要がある。

 一般口座は主に累投やミニ株用で取引をすべて自分で記録、計算し確定申告する必要があるのでパス。となれば特定口座の「源泉徴収あり」か「源泉徴収なし」の2択だ。

 「源泉あり」だと証券会社がアナタに代わって納税してくれるが、「源泉なし」なら確定申告をする必要がある。そう聞くと「最も楽な源泉ありがいい」と感じるかもしれないが、実は株の儲けは年間20万円までなら申告が免除される。しかし「源泉あり」だと年間20万円以下の利益だったとしても税金が徴収されてしまうのだ(しかも確定申告でも取り戻せない)。源泉徴収なしを選んでおいて確定申告をするにしても、今やネットで簡単にできるので、証券会社が年間売買の損益を計算してくれる特定口座(源泉徴収なし)を選んでおくのが正解だ。

 口座の組み合わせがわかったところで、次はいよいよ証券会社選びだ。NISAで取引をするならば、NISAでの手数料などをみて証券会社も選ぶべきだ。

 競争の激しいネット証券では、NISA口座の売買なら手数料が無料の会社が複数ある。「毎年100万円以上も株は買わない」というならNISA口座内だけで売買は完了。NISA口座の手数料を優先して証券会社を選ぶといいだろう(表を参照)。

◆各証券会社のNISA口座の売買手数料  ※手数料は税抜
NISA口座の売買手数料 NISA以外の口座での売買手数料
(一約定毎コース)
10万円未満  20万円   50万円 
1 ◆GMOクリック証券
売買ともに無料 100円 100円 100円
【GMOクリック証券の評価&メリット】
NISA口座内の売買手数料は永年無料。手数料の安さに定評でFXでも人気の証券会社。投信の取扱いはない。母体がインターネット企業なため、システムの使いやすさも高評価。
2 ◆松井証券
売買ともに無料 無料 324円 540円
【松井証券の評価&メリット】
NISA口座内の売買手数料は永年無料。他の口座でも1日の取引が10万円まで手数料は無料なので10万円以下の株を中心に売買する人に向く。ただし投資信託の取扱いはない。
3 ◆SBI証券
売買ともに無料(2015年中) 150円 199円 293円
【SBI証券の評価&メリット】
NISA口座は15年中の取引は売買手数料が無料で外国株も無料に。投信の取り扱いは1917本と業界トップで、うち510本が手数料無料。手数料や取扱い商品の豊富さで人気。
4 ◆楽天証券
売買ともに無料(2015年中) 150円 199円 368円
【楽天証券の評価&メリット】
NISA内は売買手数料が無料。楽天グループとの連携も充実で通販や銀行、保険、旅行などとポイントの相互利用も。投信の取扱いは1740本で、うち540本は販売手数料が無料。
5 ◆ライブスター証券
売買ともに無料 ※1 86円 104円 194円
【ライブスター証券の評価&メリット】
業界屈指の手数料の安さを誇る。投信は2本のみだが、好成績で話題のひふみプラスなど、独立系投信で人気のレオスキャピタルワークスの2本の投信が販売手数料無料で買える。
6 ◆カブドットコム証券
「買い」のみ無料 194円 291円 583円
【カブドットコム証券の評価&メリット】
NISA口座の買い付け手数料は永年無料。NISA口座でも単元未満の株の売買と積み立てが可能(手数料無料の対象外)。投信は約560本、うち約250本が販売手数料無料。
7 ◆マネックス証券
「買い」のみ無料(2015年中) ※2 108円 194円 486円
【カブドットコム証券の評価&メリット】
NISA口座は15年中の買い付け手数料は実質無料(手数料全額キャッシュバック)で外国株や投信も対象に。米国株の取扱い数が多く、投資信託は1000円から購入可能な商品も。

 また投信の品揃えが豊富で積み立ても可能なネット証券も多いので、投信も買いたい場合は、それも加味して証券会社を選ぶのもありだ。

【最新情報!】NISAを活用するには通常の証券口座ではなく、専用の「NISA口座」の開設が必要。しかも、NISA口座は1年間変更することができないため、どの金融機関(証券会社(ネット証券会社)や銀行)でNISA口座を開設するかというのも重要なポイントになる。
>> NISAに関する最新の情報はコチラ!