アルスエレクトロニカとともに「新たな都市の姿」を考察するラボ、東京に出現

写真拡大

世界有数のメディアアートの祭典、アルスエレクトロニカ・フェスティバル。先日発表された2015年のテーマは「ポスト・シティ」。日本においても、3月22日(日)、街の未来を考察するイヴェントが「誰でも参加できる」かたちで開催される。

「アルスエレクトロニカとともに「新たな都市の姿」を考察するラボ、東京に出現」の写真・リンク付きの記事はこちら

「ポスト・シティ──21世紀、人はどこに生きるのか?」。

これは日本時間3月18日に発表された、今年のアルスエレクトロニカ・フェスティバルのテーマだ。毎年9月、世界中から多数のアーティストが集結するArs Electronica(アルスエレクトロニカ)は、世界有数のメディアアートの祭典であり、またオーストリア第3の都市リンツにおいて35年にわたってアートを触媒に都市を発展させてきたアートセンターでもある。

お年寄りから子どもまで多くのリンツ市民に愛されているArs Electronicaは、地域の人と人をつなぐプラットホームであり、またこれからのテクノロジーを考察する教育の場としても広く機能している。そして、「アート、テクノロジー、社会」をテーマに掲げる彼らのミッションは従来のアートセンターの枠を飛び越え、文化を基点とする行政のまちづくりや産業界における未来開発のコンサルとしても活動を続けている。

そして今年、Ars Electronicaが着目したのは「ポスト・シティ」、変容していく街の姿だ。フェスティバルのテーマには、概要として以下のように記されている。

人類史上、街というシステムは人が生き延びるために最も成功したストラテジーであり、現在も進行し続ける最も偉大な社会実験といえるでしょう。この人類の実験において、デジタル革命は新たなステージをもたらし、街のシステムそのものを変容させています。

21世紀、わたしたちが生きる環境、そして「街」はどのように変化を遂げていくのか。「未来のモビリティ」「未来の仕事」「未来の市民」、そして「やがてくる未来の困難からの回復力」といった4つのテーマを軸に、街のこれからの姿を探求するという。

arselectronicacenter

オーストリア・リンツのアルスエレクトロニカ・センターでは、館内での観覧者の写真・動画撮影がむしろ推奨されている。PHOTO BY NICOLAS FERRANDO, LOIS LAMMERHURBER

ここ日本においても、3月22日(日)、街の未来を考察するイヴェント「Future Catalysts PLATZ vol.1」が虎ノ門エリアで開催される。主催団体の「Future Catalysts」は2014年から始動したArs Electronicaと博報堂による共同プロジェクトであり、アートの発想を基軸に、地域社会の活性化や産業と都市の発展など、新たな社会をつくることを目的としている。

イヴェントのオープニングを飾るトークセッションでは、Ars Electronicaのアーティスティック・ディレクターであるゲルフリート・ストッカーが来日し、先述した「ポスト・シティ」をテーマとする講演を行うほか、アーツカウンシル東京の石綿裕子、ロフトワーク代表の林千晶、そしてHAKUHODO DESIGNの永井一史など、東京の文化発信に携わる人々とのトークが繰り広げられる。

Future Innovators Summit

アルスエレクトロニカ・フェスティバル2014において、Future Catalystsが開催したイベント「Future Innovators Summit」。世界27カ国から科学者、アーティスト、社会活動家などのイノベーターが集結し、リンツ市内の各地で4日間にわたる議論が展開された。PHOTO BY TOM MESIC

また、この日は虎ノ門9森ビルを会場に、5つのテーマに分かれたオープン・ラボが出現。焦点となるのは、地域に暮らす人々の手によるボトムアップ型の「まちづくり」だ。ラボにはアーティストや科学者、建築家、編集者や博報堂のクリエイターらが参加し、参加者にさまざまな「問い」を投げかけながらオープンディスカッションを行う。

それぞれのラボでは、ゲームクリエイター犬飼博士らが中心となって地域の人々の関係性を結ぶエンターテインメントを考案したり、大学というプラットホームを利用して個人のもつスキルや知識が街なかに還元される「つながり」の方法論を提案したりするほか、気鋭の建築ユニット・403architectureとメディアアーティスト・plaplaxのコラボレーションにより、新たな視点でパブリック・スペースをハックするアイデアなどを発表していく。また、子どもたちとアーティストで「未来の暮らし」を考えるワークショップや、Ars Electronicaのコンペティション「PRIX」に集まった事例やアイデアから、まちづくりのヒントを分析していくラボもある。

このイヴェントでは、誰もが「ラボ」の参加者になれる。変容していく都市の姿を想像しながら、自分の暮らす街を振り返ってみてはどうだろうか。

Future Catalysts PLATZ vol.1
CREATIVE QUESTIONS to design your CITY
〜みんなの「クエスチョン」が描く、まちの未来〜

日時
2015年3月22日(日)10:00〜21:00

場所
・Good Morning Café & Grill(東京都港区西新橋2-16-6)
・虎ノ門9森ビル(東京都港区愛宕1-2-2)

※詳細はこちらより

TAG

Ars ElectronicaCityEventFuture CityWIRED JAPAN