ホステスプロの木戸、堂々のプレーで上位発進!(撮影:米山聡明)

写真拡大

<Tポイントレディス 初日◇20日◇若木ゴルフ倶楽部(6,304ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー第3戦「Tポイントレディス」が開幕。「この大会に向けた調整してきた」と言うホステスプロの木戸愛は5バーディ・3ボギーの“70”でラウンド。堂々たるプレーを見せた。
木戸愛のこの日のプレーを「ライブフォト」で振り返る!
 木戸は前半で2つバーディを奪取し折り返すと、バックナインでは出だしの10番でバーディを奪う。ところが、このまま流れに乗るかと思われた11番でこの日最初のボギーを叩くと、続く12番でもボギー。暗雲が立ち込める。
 しかし、先週の「PRGRレディス」でダブルパーを叩いた後「すぐ次のホールで“そこからのゴルフが大事”と思うことができた」と気持ちを切り替えた経験をここでも遺憾なく発揮。連続ボギーを引きずらず、次の13番でバーディを奪うと、その後はバーディとボギーを1つずつと大崩れすることなくホールアウト。2アンダーの4位タイと好スタートを切った。
 今年の木戸が気持ちを切り替えられるようになったのは、このオフ一緒に合宿した藤田寛之のある一言だという。「同じ組でラウンドをさせてもらったときに、スタートホールでボギーを叩いたんです。それで藤田さんに“こういうことがあると気持ちが切れちゃんですよね”って話したら、“まだ17ホールあるでしょ”って言われて。そうだな、これからは気持ちを切らさずそういう考え方をしていこう、と」。それを先週実行し、奏功したことで「集中して最後までやる、という点は1ミリくらいだけど成長したかな(笑)」と自信につながったという。
 もちろん、成長した点だけでなく課題もある。「今日はアプローチとリカバリーが全然できていなかった。早く練習したい」と足早に練習場へ歩を進めた木戸。悲願のホステス大会制覇へ慢心はない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>