アラサー女子が心ときめく、今読むべき「少女マンガ」7選

写真拡大

突然ですがアラサー女子の皆さん、少女マンガはお好きですか?

ラピュタ、幽白…あの名作の「その後」の物語

昔「りぼん」や「なかよし」を愛読していたけれど、今は特に、特別気になるマンガはないな〜なんて方はおられませんか? ……ノンノンノン! それはもったいなさすぎます。
今回は、三度の飯より少女マンガが好きな私が、独断と偏見で、女子の皆様にぜひ手に取って頂きたいオススメの少女マンガを7冊ご紹介します。

あのなつかし〜い名作の続編から、1巻で完結する、胸キュン必須のマンガまで、オススメの作品を選びました。
それではどうぞ、お楽しみくださいませ〜!

■元「りぼんっ子」必見! あの名作少女マンガの続編がおもしろい!

元「りぼんっ子」だった方も、そうではない方も、90年代にアニメ・漫画共に大ヒットした『ママレード・ボーイ』(吉住渉/集英社)をご存じの方は多いのではないでしょうか?
「両親の交換結婚がきっかけで、全員で同居を始める」という斬新な設定に胸がざわつき、イケメンで完璧な「遊」と、元気でかわいい「光希」のカップルに憧れた人も多いはず!

そんな『ママレード・ボーイ』ですが、なんと2013年、集英社のオトナ女子のためのマンガ誌『Cocohana』にて、ハッピーエンドから13年後を舞台にした、『ママレード・ボーイ little』という連載が始まりました。

『ママレード・ボーイ little』(2015年3月現在、1〜3巻まで発売中)は、光希&遊の、弟と妹の話がメインなのですが、『ママレード・ボーイ』に登場したあの懐かしい面々が社会人になって登場するのも見所です!

中学生のかわいい初恋に胸キュンできるのはもちろんのこと、大人の複雑な恋愛模様もしっかりと描かれており、さらにパワーアップした展開で読者を楽しませてくれます。ママレードのように甘酸っぱく個性的で、これぞ少女マンガ!というラブストーリーに夢中になってしまうこと間違いなしです!

また同じく『りぼん』で連載されていた、大ヒットした同棲ラヴ『グッドモーニング・コール』(単行本全11巻)(高須賀由枝/集英社)も、ただいま少女マンガ誌『Cookie』で、『グッドモーニング・キス』(2015年3月現在、12巻まで発売中)という続編が連載されています。

ほんわかしたかわいい菜緒ちゃんと、イケメンの上原君が、親には内緒でドキドキの同棲生活を送る様子にキュンキュンした女子も多いはず!
また、菜緒ちゃんたちが着るお洋服や、出てくる雑貨がとってもオシャレで可愛いのも、女子のツボをグイグイついてきましたよね。

『グッドモーニング・キス』は、ドキドキの大学生〜社会人編が描かれているのですが、アラサー女子がリアルに直面する「仕事」や「結婚」の問題も描かれており、菜緒ちゃんたちがそれにどう立ち向かっていくかも、注目です!

■涙なしには読めない! あの登場人物たちがたくましく成長

そして、またまた同じく90年代に『りぼん』にて連載されていた『こどものおもちゃ』(単行本全10巻)(小花美穂/集英社)。
こちらも小花美穂デビュー20周年特別番外編として発売された『Deep Clear』という作品で、その後を知ることができます!

『こどものおもちゃ』は、人気子役タレント「倉田紗南(くらたさな)」と、そのクラスメイトで、問題児でもあった「羽山秋人(はやまあきと)」を中心に描かれた学園マンガです。
コメディ要素が強い作品ですが、時に学級崩壊や少年犯罪、離婚問題にも触れており、当時『りぼん』で連載されている他のマンガとはひと味違うシリアスな雰囲気に、ドキッとされた方も多いかと思います。

「こどちゃ」の愛称で親しまれ、テレビアニメ化もされ、なんと今年の夏、『りぼん』の60周年記念公演で舞台化されることも決定している『こどものおもちゃ』ですが、その後のお話もまた、面白さの中に深さもあり、涙なしでは読めません。

ちなみに『Deep Clear』は、現在『Cookie』にて小花先生が連載中の、人の心を読める女性「珠里(シュリ)」が調査事務所にて活躍するマンガ、『Honey Bitter』とのコラボ作品となっています。

彼女が働く調査事務所に、女優を続けている紗南が、ある依頼を持ってやってくる所から始まるのですが、大人になった紗南は、ますますキレイになっていて、昔大暴れしていた羽山も、たくさん勉強してちゃんと社会人をやっていたことに、私はとても驚きました。
悲しい思いをたくさんしたけれど、それでも優しい心は失わないままの登場人物たちがとても印象的です。
また、あのイケメンプリンス「直澄(なおずみ)」君主役の書き下ろしも、必見です!

■ただ「しあわせ」になることが、どうしてこんなにむずかしいのだろう

続いてご紹介したい作品は、「女のしあわせとはなんぞや?」と悩む全てのアラサー女子に読んで頂きたい『おんなのいえ』(2015年3月現在、5巻まで発売中)(鳥飼茜/講談社)というマンガです。

私は本屋さんで「29歳。3年物の彼氏に振られて残ったのは”家族”でした。」という破壊力大の帯に惹かれ、流されるようにレジに持って行ってしまいました(笑)。

このマンガの主人公は、3年同棲していた恋人に突然振られた29歳の「有香(ありか)」という女性です。
失恋直後、25歳の妹「すみ香」と母親の住む地元大阪に、傷心で帰省しますが、癒されるどころか鞭打たれ、ついには母親命令により、妹と東京でふたり暮らしをすることになります。
3年同棲していた彼氏に浮気され、有香に残されたのは、愛しくも憎らしい家族でした。

「さらぴんの生活、始めよーやあ!」
姉妹と母親、「おんなだけ」の家族の物語に、徐々に新たな恋の風が吹き乱れ……というストーリーです。

29歳の有香は、お金も男もおらず、とっても寂しがりです。3年同棲していた彼に浮気されて捨てられたのだから、次こそは幸せになってほしい! と思って読んでいても、次に有香が恋をするのは、奥さんがいる男性でした。

また、長年別居している夫と離婚を考えるふたりの母親や、ゲイを名乗る友人と、いい感じになりつつある妹の恋愛事情も描かれており、私たちが求めている「しあわせの形」って、一体どんなものなのだろう? と、深く考えさせられます。

お見合いをして、「好き」という気持ちはないけれど、お金持ちの男性と安定した生活を送るのが幸せなのか、それとも結婚は置いておいて、夢を追うのが幸せなのか、そもそも「結婚」って、幸せなことだっけ……? など、アラサー女子がぶち当たる問題を、『おんなのいえ』は心にグサグサ刺さる名言と共に、見事に描ききっています。
人って、ただ愛して、愛されて、幸せになりたいだけなのに、どうしてそのことがこんなに難しいのでしょうね。

■1巻で完結!〜上質の恋愛短編集をどうぞ〜

それでは最後に、毎日恋に仕事に忙しい女子の皆様にぜひ読んでいただきたい、1巻で完結する、短い時間で胸キュンできる、上質の恋愛短編集を3冊ご紹介したいと思います。

まずご紹介したいのは、『姫ちゃんのリボン』など、大ヒット作を次々と飛ばした、水沢めぐみ先生が描いた、大人の7つの秘密の恋が描かれている『塔子さんには秘密がある』(小学館)というマンガです。

アフター5に秘密の習い事をする、36歳の独身女性の恋愛や、恋人からとても大事にされているのに、ある秘密を抱えているために結婚に踏み切れない女子のお話、不倫の恋や、バツイチ子持ち女性の秘密の恋愛などが収録されていています。
年を重ねるごとに、恋をして傷つくことにひどく臆病になったり、人には言えない秘密を抱え込んで悩んでしまったり……。
このマンガは、そんな悩みを抱える女性たちの背中をソッと押してくれるはずです!

また次にご紹介したいのは、大ヒット爆笑純情コメディー『俺物語!!』(集英社)の作画を担当されているアルコ先生による『まほうのめがね。』というマンガです。

このマンガは、タイトル通りイケメンのメガネ男子が登場するのはもちろんのこと、徐々に「好き」という気持ちが止まらなくなって、勇気を出して突っ走っていく、乙女心が炸裂して止まらない、ちょっと面白い女子たちが登場します。
好きな人に告白したいのに勇気がでない……と、悩む方にオススメです。読み終わる頃には、とにかくぶつかって行こう! と、笑顔になれるはず。

最後にご紹介したいのは、時にスイ〜ト、時にブラックのMIX具合がたまらない、『チャラ男とロボ子』(木内ラムネ/集英社)という、上質の胸キュンストーリーが5編も収録されているマンガです。

表題作にもなっている「チャラ男とロボ子」は、自信満々のチャラ男ナルシスト「海(かい)」君と、文武両道の美人優等生「ロコ」ちゃんが登場します。
海君は、「俺におとせない女子はいない!」と、自信満々でロコちゃんに告白するも、「あなたは私にとって空気中に浮遊するちりの一つと同じ存在でしかないから無理」と、振られてしまうのですが、ふたりが徐々に距離を縮めていく様子にじんわり胸が温かくなります。

また、同時収録されている「black peach flower」というお話もオススメです!
超天才といわれているイケメンの化学部の先輩が、どうやら「惚れ薬」を作っているらしい……という噂を聞きつけた「月美(つきみ)」という女の子の恋が描かれています。
「惚れ薬なんて効くわけない……」と、軽い気持ちで読みはじめた読者を、どんどん裏切る展開でお話は進んでいき、最後にはゾクッとする終わり方をするので、ぜひ読んで頂きたいです。
ちなみにこの記事を書いている筆者はアラサー女子ですが、余裕で高校生のピュア恋にトキメクことができました(笑)。

こちらの3冊は、1巻完結ですが、とにかく読みごたえがあって、お話もバリエーション豊富で、絵もとても可愛らしいものばかりです。


女子の皆さん、今回の特集はいかがでしたか?
気になるマンガはありましたか?
こどもの頃にマンガの中で出会ったキャラクターが自分と同じように大人になり、仕事や恋で悩んでいるのを見るのは、とても感慨深いものがあるし、励まされることもあるかと思います。
皆さんよかったらぜひ、読んでみてくださいね!