「プリパラ キャラクターショップ」in 東京ドームシティ

写真拡大

女子小学生を中心に人気を集めている、トレーディングカードアーケードゲーム『プリパラ』のオフィシャルショップ「プリパラ キャラクターショップ」が、3月19日(木)に福岡パルコ、3月20日(金)に東京ドームシティにて、それぞれオープンした。

【大人も夢中のJS向け「プリパラ」ショップがすごい! 店内レポートの画像・動画をすべて見る】

稼働から約半年で、ゲームのアイドル登録数(ユーザー登録数)が100万人を突破した『プリパラ』。

今回オープンしたキャラクターショップでは、TVアニメ版の世界観を凝縮。関連アイテムや限定グッズの販売に加え、ゲーム筐体の設置、さらにはゲームを象徴する“トモチケ”交換所まで用意されている。

女子小学生市場を席巻する『プリパラ』


TVアニメ化もされ、劇場版も公開されている/(C)T-ARTS / syn.Sophia / 劇場版プリパラ/画像は公式Webサイトより

TVアニメ化もされ、劇場版も公開されている/(C)T-ARTS / syn.Sophia / 劇場版プリパラ/画像は公式Webサイトより



タカラトミーアーツが2014年7月から展開している『プリパラ』は、業界初となるカメラ搭載のプリンタ筐体を使用したアミューズメントゲーム。プレイヤーはゲーム内に架空のアイドルとなるマイキャラをつくり、自分でアイドルをプロデュース。歌やダンス、ファッションコーデを競って楽しめる。

RE_DSC_0174



RE_DSC_0046



今回レポートするのは、東京ドームシティのクリスタルアベニューにオープンした『プリパラ』のキャラクターショップ。店内には、『プリパラ』やその前身である『プリティーリズム』のキャラクターイラストが随所にちりばめられている。

RE_DSC_0056



RE_DSC_0057



RE_DSC_0051



RE_DSC_0198



入り口正面には、マイキャラと自分の写真が印刷された「トモチケ」を気軽に交換できるエリア「トモチケ交換所」を設置。トモチケとは、本作最大の特徴でもある、筐体から排出される「プリチケ」をパキッと折り、マイキャラと自分の写真が印刷された部分のこと。

これを交換することで、ゲーム内で他のプレイヤーとアイドルユニットを結成することができる

RE_DSC_0172



「トモチケ交換所」では、「直接交換するなんて恥ずかしい」というユーザーのために、自分のトモチケを差し込んだり、直接対話しなくても、他のプレイヤーのトモチケを入手できるスポットを用意している。

TシャツはLサイズまで用意、プリパラ姉さん&プリパラおじさんも楽しめる


RE_DSC_0064



RE_DSC_0065



一方、さまざまな関連グッズの中で注目すべきは、Tシャツやクッション、ハンドタオル、iPhone6ケースといったショップ限定アイテム。特にTシャツは、子供用とは別にXS〜Lまで豊富なサイズを展開。すでにお気づきの方も多いと思うが、これは大人向けサイズのラインナップだ。

いまや「プリパラ姉さん」「プリパラおじさん」という言葉が生まれるほど、大人にも広がっている『プリパラ』。

タカラトミーアーツの担当者によれば、都内の大手レコード店や家電量販店、アニメショップやフィギュアショップにも筐体が設置され、主に20代から30代の男女が積極的に楽しんでいるという。今回のグッズのラインナップにも、そうした現状が反映されている。

RE_DSC_0077



このほかにも、2月に予約がスタートしたグッドスマイルカンパニーによるフィギュアシリーズ「ねんどろいど」を展示。今後も、子供はもちろんのこと、大人のファンも楽しめる店づくりを意識していくという。

RE_DSC_0097



RE_DSC_0135



RE_DSC_0081



RE_DSC_0089



RE_DSC_0119



RE_DSC_0141



こうしたグッズ展開だけでなく、プリパラキャラクターショップでは、店内イベントやキャンペーンを予定。詳細は随時公式サイトなどで明らかになる。