JR西日本の社員だった男性の過労自殺 同社に1億円の賠償命令

ざっくり言うと

  • 大阪地裁は20日、JR西に約1億円の賠償を命じた
  • 長時間労働により社員がうつ病を発症し、自殺に至ったと判断
  • 遺族側は自殺前9カ月間の時間外労働は月約113〜254時間だったと訴えていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング