3月特集 アスリートの春 〜卒業、そして新天地へ〜(3)

 大相撲3月場所で、昨年のアマチュア横綱と学生横綱に輝いた大道久司(おおみち・ひさし/東洋大4年)がプロとしての第一歩を踏み出した。アマチュア相撲で最高のタイトルを2つ獲得し、幕下付け出し10枚目格の資格を獲得。昨年2月には出羽海部屋へ入門を表明し、場所前にしこ名も御嶽海(みたけうみ)に決定した。当初は、プロ入りする意向はなかった22歳。大相撲という厳しい世界へ挑む決意の裏には、名門再興とふるさとの復興という使命感があった。

 西に御嶽山、東に駒ヶ岳を望む長野県木曽郡上松町に御嶽海は生まれた。上松小1年で木曽少年相撲クラブに入り相撲を始め、地元の福島中、木曽青峰高から東洋大へ進学。180cm、145kgの恵まれた体からの力強い突き押しを武器に、4年時の昨年11月に学生横綱、12月にアマチュア横綱になるなど、個人タイトル15冠を獲得するなど、輝かしい結果を残した。

 日本相撲協会の規定では国体、実業団、学生選手権、全日本選手権のうち、全日本と他の3つの大会のうち1つ以上で優勝し、1年以内に入門すれば、幕下10枚目格付け出しの資格を与えている。この制度が制定されたのは2000年9月。これまでは日大の市原(後の幕内・清瀬海)と、同じく日大出身で現在、幕内の遠藤のわずか2人のみ。御嶽海は遠藤以来となる偉業を達成したことになる。

 しかし、最高の資格を得ても、当初はプロ入りする意向はなかった。アマチュア相撲の強豪、和歌山県庁への就職が内定していたのだ。「就職が決まっていたので、すごく悩みました」と語り、当初、父親の春男さんも角界入りには反対していた。

「親としては、安定したところへ行ってもらいたかった。プロだと先がどうなるかわかりませんから」と母親のマルガリータさんが明かす。翻意させたのは、出羽海親方(元幕内・小城ノ花)の熱い言葉だった。「部屋を再興したいので、力を貸して欲しい」。

 江戸時代末期に創設した出羽海部屋は、常陸山、千代の山、佐田の山ら角界で最多の9人の横綱を輩出、さらに3人の理事長を送り出した角界随一の名門部屋。しかし、ここ最近は、2010年5月場所で普天王(現・稲川親方)が幕下に陥落し、1898年5月場所から続いてきた関取が112年ぶりに途絶えるなど寂しい状況が続いていた。

 現在の師匠は、昨年2月に部屋を継承。昨年11月場所には、出羽疾風が新十両に昇進した。御嶽海に声をかけたのは、4年ぶりに関取が生まれ、名門再興への光が差そうとしていた、まさにその時だった。

 2月の入門会見で「親方に『出羽海を再興するにあたって私に力を貸して欲しい』と言われて、自分が力になれればと思った」と御嶽海は語り、反対していた両親にも「どうしてもプロに行きたい」と決意を告げた。「自分で決めた以上は、頑張って欲しい」とマルガリータさんもついに折れた。

 さらに、ふるさとを襲った災害も心にあった。昨年9月に御嶽山が噴火。噴火災害では戦後最悪の57人もの死者が出た。登山やスキーなどの観光が盛んな地元だが、噴火の影響で観光客は激減し、暗く沈んでしまっている。だからこそ「少しでも勇気づけたい」と決意。そんな思いをしこ名に表した。御嶽山と出羽海を合わせた「御嶽海」。名門再興とふるさとへ元気を届けたい、その意気込みを自らの看板とも言えるしこ名に込めたのだ。

 注目のデビュー場所。7戦全勝なら史上初の一場所で十両昇進となる。初日こそ明生(立浪部屋)を寄り切りで破ったが、3日目の二番相撲で大翔鵬(追手風部屋)の肩透かしに敗れ、一場所で関取の可能性は低くなった。

 それでも、地元の上松町と木曽町では地元の住民が集まり、テレビ観戦する「応援会」を開催。ふるさとに誕生した期待の新星へ大きな声援を送った。自らの存在が早くも復興へ向かうふるさとを勇気づけているのだ。それだけにスピード出世には「意識していない。一日一番、自分の相撲を取れば結果は付いてくるはず」と着実に力をつけながら番付を上げることを考えている。

 プロ入りを決意した裏側には、もうひとつの後押しがある。それは、今をときめく遠藤(追手風部屋)の存在だ。2012年のアマチュア横綱で、過去に5回対戦し、2勝3敗と負け越している。実際に戦った相手が同じ幕下10枚目格付け出しでデビューし、飛ぶ鳥を落とす勢いで出世して、今や角界一の人気を持つまでに成長した。「大学で活躍した人が、大相撲でも活躍しているのは刺激になった。遠藤関ともやったことがあるので、刺激を受けた感じです」と打ち明ける。

 10日目の5番相撲で宝香鵬(宮城野部屋)を倒し勝ち越しを決めた。5月場所はさらに番付を上げることになるが、遠藤との対戦が実現するには、幕内に昇進することが不可欠。出羽海部屋では普天王が、2009年9月場所を最後に十両へ陥落してから6年もの間、幕内力士が不在だ。部屋の再興へまずは幕内。そこで遠藤と火花を散らし、ふるさとへ元気と勇気と届ける――。新たなスタートを切った3月。御嶽海は、大きな志を抱いて土俵で戦い続ける。

松岡健治●文 text by Matsuoka Kenji