ミス日本グランプリの芳賀千里さん。「5つ星」のロゴ入りのチョコレートを乗客に配った

写真拡大

全日空(ANA)は2015年3月20日、英国の格付け会社、スカイトラックス(SKYTRAX)社から3年連続で最高ランクの「5スター」の認定を受けたと発表した。

羽田空港で行われた認定証の授与式では、2015年度のミス日本グランプリの芳賀千里(はが・ちさと)さん(22)も出席。芳賀さんは15年春からANAのグループ会社に就職することが決まっており、

「入社後は5スターを担う一員として精一杯努力し、頑張っていきたい」

などと抱負を述べた。

世界に7社しかない「5つ星」を3年連続で獲得

スカイトラック社のエドワード・プレイステッド会長によると、5スターは「1年を通じて不断の努力でサービス改善に取り組んだ航空会社」に贈られる。5スターの認定を受けているのは世界に7社のみで、日本航空(JAL)は4スター。ANA以外はアシアナ航空(韓国)、キャセイ・パシフィック航空(香港)、ガルーダ・インドネシア航空(インドネシア)、海南航空(中国)、カタール航空(カタール)、シンガポール航空(シンガポール)が5スターの認定を受けている。

プレイステッド会長は、5スターの7社間に序列はつけられないとしながらも、ANAについては「際立っているのはサービスの質ではないか」と述べた。

ANAの篠辺修社長は、ビジネスクラスへのフルフラットシートや、ボーイング787型機の導入を世界に先駆けて行った点が評価されたとの見方を示した。

ケガでシンクロ日本代表を辞退、競技生活も引退

芳賀さんは日本女子体育大学の4年生。小さいころからシンクロナイズドスイミングを続けており、14年度の日本代表にも選ばれた。だが、ケガのため辞退を余儀なくされ、競技生活も引退。失意の中、母親に勧められてミス日本に応募したところ、応募者2426人の中から15年1月にグランプリに選ばれた。

芳賀さんが内定しているのは、電話での予約業務やマイレージ会員の対応を行う「ANAテレマート」。持ち株会社のANAホールディングス(HD)の100%子会社だ。

芳賀さんは、ケガのために応募できる職種が少し限られていたとした上で、

「シンクロナイズドスイミングと言えば音楽に合わせて体で表現すると言う部分で、ミス日本もそうだが、『直接人と話す』『顔を見て』というのが大事なところだった。ANAテレマートは電話ということで『声の対応』『声でどれだけコミュニケーションを取れるのか』ということに興味を持ったということと、今までと真逆のことをチャレンジしてみたいと思った」

などと面接に臨む学生のように志望動機を述べた。記者からANAのイメージを聞かれると、

「イメージとしては、ANAのモチーフであるひまわりのイメージが、とてもある。やはり『太陽の花』と言われるくらい明るく、人を幸せにさせる気持ちになる花。ミス日本グランプリとしても、ANA社員としても『あんしん、あったか、あかるく元気!』をモットーに頑張っていきたい」

と、ANAグループの行動指針を口にしながら「模範解答」を披露。隣に座っていた篠辺社長も顔をほころばせていた。