複数機器で同時にゲームやストリーミングを行っても快適

写真拡大

ネットワーク関連機器のネットギアジャパン(東京都中央区)は、無線LANルーター「Nighthawk(ナイトホーク)X6 R8000」を2015年4月下旬に発売する。価格はオープンだが、市場想定価格は3万4980円。

6本のアンテナとビームフォーミングで電波を自動で最適化

IEEE802.11a/b/g/n/acに対応。2つの5GHz帯と2.4GHz帯の「トライバンド」の同時使用が可能。通信に使用する帯域幅を増やすことでネットワークトラフィックの負荷を分散、過密状態となるのを防ぐ。複数の接続機器で同時にゲームやストリーミングを行っても、快適な通信を実現できる。

6本の外付けアンテナ搭載で「ビームフォーミング」にも対応し、家の中を移動するスマートフォンやタブレット、ノートパソコン(PC)へ向け電波を自動的に調整、最適化、電波の到達範囲を拡大する。

接続設定はPCを使わずスマホから3ステップで行える。細かな設定はウェブベースの管理画面「NETGEAR genie」から可能。USB 3.0ポート×1、USB 2.0ポート×1を装備、外付けHDDなどのストレージドライブ、USBプリンターを共有できる。アップルのTime MachineやiTunes、AirPlay、AirPrint、AppleRemoteに対応する。