2019年の女子W杯、開催地はフランスに決定…韓国との一騎打ち制す

写真拡大

 FIFA(国際サッカー連盟)は19日、2019年に開催される女子ワールドカップの開催地にフランスを選出したことを公式HP上で発表した。

 当初は、イギリス、フランス、韓国、ニュージーランド、南アフリカの5カ国が開催に立候補していたが、昨年10月にフランスと韓国の2カ国に絞られていた。

 開催地に決まったフランスは、合わせて2018年に開催されるFIFA U−20女子ワールドカップの開催権も授与されている。

 なお2015年大会は、6月6日から7月5日までカナダで開催される。