エルゴノミックデザインのイヤーパッドで快適な装着感

写真拡大

ソニーは、Bluetoothワイヤレスヘッドホン、「MDR-1ABT」を、2015年3月21日に発売する。市場想定価格は4万円前後(税別)。

ハイレゾ音源の豊かな響きを引き出す100kHz超高域再生

新開発の高音質コーデック「LDAC」に対応。Bluetooth経由の接続で、SBC/A2DPなど従来型コーデックとの比較で最大約3倍という情報量を伝送でき、ウォークマン「NW-ZX2」などのLDAC対応機器と接続して高音質サウンドを楽しめる。ケーブルで再生機器と接続することも可能で、ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源の豊かな響きを引き出せる100kHzまでの超高域再生が可能な40ミリHDドライバーを搭載する。

タッチセンサーコントロールパネルを新たに装備。ワイヤレス再生時に再生・一時停止、音量調節などの操作がより直感的にできる。気密性を向上し音漏れを低減する、エルゴノミック立体縫製イヤーパッドを備え、耳を包み込むような快適な装着感を得られるという。

Bluetoothバージョンは3.0で、A2DP、AVRCP、HFP、HSPの各プロファイル、SBC、AAC、apt-X、LDACの各コーデックに対応する。電源は充電式リチウムイオン電池を内蔵し、持続時間が最大約30時間。カラーはブラック、シルバーの2色。