新生活がスタートする、この時期。それに合わせて、いろんなモノを新調したい、ブツ欲を抑えきれない、という方も多いのではないだろうか。そんな時、出番が多くなるのがクレジットカードだ。だが、買い物が増えるたびに、もう少し効率よくポイントを貯めたい、年会費を抑えたいという悩みも尽きない。しかも、ビジネスパーソンなら、ステータスをアップしてくれるゴールドカードを持ちたいという気持ちも沸いてくる。しかし、ゴールドカードの年会費というと1万円前後はかかるものが多い。「だったら、普通のクレカでいいや……」ってあきらめて、現在のカードを使い続ける方もいるはずだ。この春、そんな人におすすめしたいカードを紹介したい。スマホを使っていれば、年会費がほぼタダになる、そんな夢のようなゴールドカードを。

01_dcmxgold_master_rgb 02_dcmxgold_visa_rgb

スマホ料金の10%が還元される!?

 ポイントや割引などのサービスが充実し、もはや支払いの役割だけではなくなっているクレジットカード。でも、どのカードを選べばいいのか、ある意味、ビジネスパーソンにとって永遠のテーマとなっている。選び方に正解はないけれど、スマホを多用する人にピッタリのカードがある。それがドコモの「DCMX GOLD」だ。

 ご存じの方も多いだろうが、あらためて「DCMX」について紹介したい。「DCMX」は会員数約1600万人のドコモが発行するクレジットサービス。2種類のステータスから選べるが、今回、紹介したいのはゴールドタイプ。「年会費が1万円かかるのに、わざわざゴールドカードへ入会する必要ってあるの?」と疑問に思う方も納得できる一番の理由を解説しよう。

 その理由とは、ずばり、ドコモのスマホやケータイを使うと、利用料金の10%分のポイントがもらえるという特典にある。例えば、月々の支払いが9000円だとすると、毎月900円分、年間1800円のポイントが貯まるというのだ。そう、この時点で年会費はタダになる計算だ。

 さらに家族が使っているドコモのケータイ料金をまとめて支払っている人なら、大容量のシェアパックを契約して分けあったりすれば、利用料金に対するポイント還元が増える点も見逃せない。それに、ポイント還元だけではなく、入会するともれなく電子マネー「iD」がプレゼントされるキャンペーンもやっているのだ。これで実質、年会費以上におトクになるというのだからおいしい。

03_dcmx_visa_rgb 01_dcmxgold_master_rgb

左が通常タイプの「DCMX」(年会費無料)で右がゴールドカード。「DCMX GOLD」カードの年会費は税別1万円で、それぞれVisaMaster Cardが選べる。

3年間で最大10万円のケータイ補償も

 冒頭で、スマホを多用する人におすすめと書いたが、その理由をさらに詳しく説明したい。毎日持ち歩いているスマホにも、事故はつきもの。うっかり水没させてしまったり、勢いよく落としてしまって全損……なんて、泣くに泣けない経験をした方も多いのではないだろうか。「DCMX GOLD」の会員になれば、ケータイの偶発的な事故や紛失・盗難にあったり、修理不能となった場合でも、購入してから3年以内なら、新たに同一機種、同一カラーの端末を、ドコモショップで「DCMX GOLD」を使って買い直せば、最大10万円まで補償してくれるというのだ。

家族で使えばさらにおトクに

 年会費がおトクになるといえば「家族カード」の活用だ。これを使えば、さらにおトク度がアップする。会員1人につき、3枚まで発行できる「DCMX GOLD」の家族カードは、1枚目はなんと年会費がタダになる。2枚目以降も1枚につき1000円(税別)で入会できるというから、家族みんなで「ゴールドカード」を格安で持てるということになる。家族のスマホ代も10%ポイント還元になるほか、付帯サービスなどの「DCMX GOLD」特典を家族も受けられる。年間利用額に応じたGOLD会員特典があるが、さらに家族の利用分も年間利用額に合算されるので、無駄がないのもうれしい。

スマホが最大2万円分おトクに買える!

 流行に敏感な、ガジェット好きの方なら、いつでも最新機種を使っていたいと思うはず。だが、機種変更となると、当然、元手が必要だ。そんな時、うれしいのが「DCMX GOLD」のケータイ購入優待券。入会した最初の1年目は5000円分、2年目以降も前年度の利用料金に応じて最大2万円分のケータイ購入優待券がもらえるのだ。

 こんなにおいしい特典が満載の「DCMX GOLD」。当然、契約者数も伸びているに違いないと思い、NTTドコモ スマートライフビジネス本部 金融ビジネス推進部 利用促進担当課長の横田幸平氏に、現在の加入者数等について、話を聞いてみた。

04_P1070254-02

NTTドコモ
スマートライフビジネス本部
金融ビジネス推進部
利用促進担当課長
横田幸平さん

DCMX2006年に始まり、今では約1600万人の皆さまにご入会いただいております。昨年4月からDCMX GOLDご契約の方はケータイ利用料金のポイント還元が10%に上がりました。そこからさらにゴールドカードをご契約する方が増えました」(横田さん)

 年会費がおトクになる仕組み、スマホやケータイのサポートなど「DCMX GOLD」が魅力的なのはわかった。では、さらにおトクな使い方があるのか聞いてみると、

「まずお伝えしたいのは、スマホやケータイの利用料金だけが10%のポイント還元されるわけではないということです。家のインターネットで『ドコモ光』をご利用でしたら、その分も10%が還元されるんです。もちろん、通常のお買い物ご利用時でもポイントが還元されます。毎月のご利用額の1%分がドコモポイントになります。それに、海外旅行保険も魅力のひとつです。ご本人様の傷害死亡時で最大1億円の保険が適用されます。それに、国内を旅行する時も傷害死亡保険が最大5000万円適用されるんです。ほかにも、国内空港ラウンジが無料で使えたり、JALの『サクララウンジ』が抽選で使えるなど、ビジネスパーソンにとってはうれしい特典もご用意しております」(横田さん)

 使い方といえば、このカードには便利な決済方法である電子マネー「iD」もあるが。

「そうなんです、iDを搭載しているiD一体型カードがあるのも『DCMX』カードの魅力です。iDは全国のコンビニエンスストア、スーパーなどでご利用いただける電子マネーで、iDのお支払いでももちろんドコモポイントが貯まります。ドコモポイントの賢い使い方は、貯まっているポイントをiDクーポンに交換していただくことです。それに、1ポイント=1円の等価交換なので、とても実用的。iD一体型カードは『iPhone』などおサイフケータイに対応していないスマートフォンユーザーの皆さんには、特に好評です」(横田さん)

05_P1070276

iD一体型カードなら店頭やタクシーの車内などに置かれた読み取り機にかざせば、iDでの支払いが完了。

「スマートフォンとクレジットカードを一緒に使うのが、セキュリティ面で不安だという方には、iD専用カードもあるので安心してご利用いただけます」(横田さん)

06 DCMX_RGB_200

専用の「DCMX」(iD専用カード)。請求は毎月の「DCMX」カード利用と一緒で、面倒なチャージも不要。

「ポイントの使い道として、iDクーポンの他に、当社の『dマーケット』でポイントをご利用いただくのもオススメですね。例えば、ポイントで洋服を買ったり、ピザを注文するなど、いろんなシーンでポイントを使うことができます。1ポイント=1.08円になるので、さらにおトクです」(横田さん)

携帯電話会社への支払い料金を上手く活用する時代に

 日本で本格的に携帯電話のサービスが始まってから、四半世紀以上が過ぎた。電話機能の充実はもちろん、スマホなど通信回線を利用したさまざまなサービスで、世の中が大きく変わろうとしている。これからますます重要になるのが携帯電話会社の決済機能。月々の支払いを毎日の暮らしで上手に活用することが、今後、マネーの新常識になってくることは間違いない。今回、紹介した「DCMX GOLD」は、携帯電話会社ならではのサービスをぎゅっと詰め込んだ魅力的な1枚であることはおわかりいただけただろう。スマホでトクをしたいのなら、この「DCMX GOLD」は、きっと強い味方となってくれるに違いない。

関連情報

http://www.dcmx.jp/st/gold/

文/中馬幹弘