不動産の「局地バブル」 アベノミクスによる3要素が引き金とも

ざっくり言うと

  • 不動産の局地バブルは、アベノミクスによる3要素が引き金だという
  • 「富裕層の相続税対策、黒田バズーカと消費増税の延期」と専門家
  • 「それに、円安で外国勢が買い意欲を高めていること」とも指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング