京都工芸繊維大学の教授に停職処分 流し台に水銀を廃棄

ざっくり言うと

  • 京都工芸繊維大で、基準値を超える水銀が検出された問題
  • 同大は19日、実験室を使っていた教授を停職6カ月の懲戒処分とした
  • 教授は水銀の取り扱いがずさんで、水銀を含む液体を流し台から廃棄していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング