オランダ発、レトロなデザインの電動モペッド「モーターマン」

写真拡大

レトロなデザインの電動モペッド「モーターマン」が、ヨーロッパで人気を呼んでいる。動画とギャラリーで紹介。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「オランダ発、レトロなデザインの電動モペッド「モーターマン」」の写真・リンク付きの記事はこちら
02_motorman_white_01-1024x768

2/6

03_motorman_male_02-768x1024

3/6

04_motorman_white_02-1024x768

4/6

05_motorman_red1-1024x768

5/6

06_motorman_gray1-1024x768

6/6

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01_motorman_double-1024x768

02_motorman_white_01-1024x768

03_motorman_male_02-768x1024

04_motorman_white_02-1024x768

05_motorman_red1-1024x768

06_motorman_gray1-1024x768

一般的なモペッド(ペダル付きの原動機付自転車)の2ストロークエンジンは、8気筒の大型SUVよりはるかに多くの汚れた排気を大気中に放出する。モペッドからの汚染物質排出量は、「ヨーロッパや米国での自動車の規制基準値よりも桁違いに多い」という研究報告もある。

そこで、オランダ人デザイナー、ロナルド・メイスは、空気を汚さない電動モペッド「モーターマン」をつくりあげた。ヨーロッパの各地で、ファッショナブルかつ環境にやさしい通勤の足として人気を呼んでいる。

たった2kWの電気モーターでは、バーンアウト(タイヤを空転させて白煙をたてること)はできないし、警察の追跡を振り切ることもできない。装備面でも、iPhoneの充電器、死角検知システム、あるいは自律走行モードといったものは一切ない。代わりにオーナーが手にするのは、優れたインダストリアル・デザインだ。

モーターマンのデザインは、太いバルーンタイヤ、フレームから吊り下げられた「ガソリンタンク」、大きめのヘッドライト、スプリング付きの革サドルなどを特徴としている。それは、Schwinn社によるクルーザータイプの自転車と、1915年製のハーレーダビッドソン「11F」の交配種のようにも見える。

米国文化に関心をもつメイス氏は、初期の「ボードトラック・レーサー」から、デザインのヒントを得たことを認めている。ボードトラック・レーサーとは、20世紀の初め頃、米国各地に作られた板張りのレースコース「モータードローム」で競走するためのモーターサイクルだ。

「街でモーターマンを見た人たちはにっこり笑う」と、メイス氏は語る。「人生がもっと簡単で、複雑でなかった時代のことを思い出すから、このデザインが好きなんだ」

ユーザーである、エンジニアリングを学ぶ25歳の学生クン・ブートも、こう語る。「道を走っていると、興味をもった人に呼び止められて、『写真を撮らせてほしい』と言われる」

「デザインは、ハーレーやインディアンのようなクラシック・モーターサイクルに似ていながら、同時にきわめてシンプルでもある。これにまたがって見下ろすと、そこにあるのはスピードメーターと、2つのボタンだけだ。1つはライト、もう1つはホーンを操作する。充電用のプラグも、目立ちにくいようにタンクの下にある」

「燃料タンク」には、リチウムポリマー充電池が収まっている。航続距離は約70km、最高速度は45km/hで、充電に要する時間は6時間。安心して遠出ができるスペックではないものの、二酸化炭素排出量の削減という理念に賛同しながら、汗をかくのはイヤだという横着なオフィスワーカーには十分だ。

モーターマンの車体重量は45kg(ふつうのモペッドの半分以下)。これならバランスをとるのも容易で、混雑した通りもスイスイと走れるだろう。また、基本的にメンテナンスフリーで、電気代も「1マイル(1.6km)あたり2セント」と経済的だ。

そうしたランニングコストの安さを考えれば、5,185ドルという結構な値段も、なんとか受け入れられるかもしれない。これは、ベーシックモデルの価格で(色は「ジェットブラック」「ルビーレッド」「グレイ」から選択)、ヨーロッパでは、さらに21%のV.A.T.(付加価値税)が上乗せされる。希望色のカスタムペイント、革製サドルバッグ、カスタムロゴなどのオプションも別料金になる。

モーターマンは、いまのところEU諸国とノルウェーおよびスイスで、運輸当局の認可を受けている。北米では1年以内に市販を開始する予定だという。