ショットの安定感は世界トップクラス さらなる浮上のカギは (Photo by Sam Greenwood/Getty Images)

写真拡大

<アーノルド・パーマー招待 初日◇19日◇ベイヒルクラブ&ロッジ(7,381ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるベイヒルクラブ&ロッジで開幕した、米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」。今大会初出場となる松山英樹は、3バーディ・1ボギー“70”の2アンダー32位タイで初日を終えた。
松山英樹、石川遼のリアルタイム速報!PGAツアーリーダーボード
 この日はINから出た松山は13番で約121ヤードのセカンドを80センチにつけるスーパーショットを披露してバーディ先行。16番パー5はバンカーからボギーを叩いたものの、ハーフターン後の4番パー5でバーディを奪うと、続く5番でも141ヤードを1メートルに絡めるショットを見せてバーディ。持ち味である世界トップクラスのアイアンショットでまずは上々の立ち上がりを見せた。
 しかし、ショットはキレを見せたものの、この日はパッティングに苦戦。高いパーオン率で作ったバーディパットを大幅なスコアアップにつなげることはできなかった。残り3日間の上位進出のカギはグリーン上の精度が握りそうだ。
【初日の順位】
1位:モーガン・ホフマン(-6)
2位T:ジェイソン・コクラック(-5)
2位T:ケビン・ナ(-5)
2位T:ケン・デューク(-5)
2位T:ジョン・ピーターソン(-5)
2位T:イアン・ポールター(-5)
7位T:アダム・スコット(-4)
7位T:ビリー・ホーシェル(-4)
7位T:ヘンリック・ステンソン(-4)他
32位T:松山英樹(-2)
32位T:石川遼(-2)
32位T:ローリー・マキロイ(-2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】苦悩のシーズン…石川遼、米ツアーでの“心の戦い”
【舩越園子コラム】J・スピース勝利が物語る“若者”の意味
今週もやります!Tポイントレディス リアルタイムスコア詳細速報