TRPGで艦娘体験ができる

写真拡大

KADOKAWA(東京都千代田区)は、軍艦を擬人化した「艦娘(かんむす)」をテーマとした育成ゲーム「艦隊これくしょん ―艦これ―」の世界をTRPG(テーブルトークRPG)で楽しめる「艦これRPG」シリーズから、「プレイヤーズブック抜錨ノ書」を2015年3月20日に発売する。

「艦これ」の世界を舞台としてみんなで物語を作って遊ぶ非電源(アナログ)ゲーム。プレイヤーは「艦娘」、司会進行役(ゲームマスター)は「提督」となる。

今まで「艦これRPG」に出てきた艦娘が新データとともに収録。また、新艦娘の追加や新装備、「改修工廠」「連合艦隊」など追加ルールなど、艦娘(プレイヤー)として遊ぶための全要素が網羅されている。「艦これをさらに楽しみたい」ビギナーから上級者まで必携の一冊。

価格は1296円(税込)。提督(ゲームマスター)のルールは発売中の「着任ノ書」に収録されている。