複数のボールを手のひらの上でグルグルと転がしながら品定めし、首をかしげるとその内のひとつ(時には1個以上)を主審に打ち返し、残りの中からひとつのボールを選び取ると、急ぎ気味にサービスフォームに入る――。

 そのような錦織圭の姿を今大会、そして4回戦のフィリシアーノ・ロペス(スペイン/世界ランキング12位)戦でも何度、目にしたことだろうか(※)。何かがうまくいかない、どうしてもしっくりこない......そんな焦りと苛立ちが、ふとした表情や仕草からもうかがうことができた。

※錦織はロペスに4−6、6−7でストレート負け。

 アメリカ・カリフォルニア州の砂漠の街――インディアンウェルズで開催されるBNPパリバオープンは、錦織が最も苦手とする大会である。本選には過去6回出場しているが、そのうち初戦敗退が4回。

「今のところ良い結果が出ていないので、いつかは活躍したいという思いは常に持っています」

 大会前には、そのような意気込みも口にしていた。

 錦織がこの大会を不得手とする理由は、単純に言ってしまえば、サーフェス(コートの種類)およびボールとの相性が悪い......ということに尽きる。同大会のコートサーフェスは『Plexipave』と呼ばれるもので、それ自体は錦織が過去に優勝したデルレイビーチ国際や、3連覇中のメンフィス大会と同様である。ただ、インディアンウェルズ大会のサーフェスは、他に比べて表面のザラつきが激しく、バウンド後にボールが極端に減速してから高く跳ねるという。また、砂漠地帯特有の乾いた気候のためか、「ボールが良く飛ぶ」というのも、選手間に共通した見解だ。

 そのようなサーフェスでのプレイをさらに困難にしているのが、多くの選手が「やりにくい」と口をそろえる、大会公式ボールである。特にラファエル・ナダル(スペイン/世界3位)は、「日中と夜ではボールの感覚は変わるものだが、ここは特にひどい。昼間にボールに触ると、まるで石のようだ。どんなに打っても、打球感がまったく得られない」と不満を露わにする。また、そのようなボールがプレイに与える影響についても、ナダルは以下のように語っている。

「この大会では、選手たちのミスショットが増えてしまっている。それも、少し外すというのではない。1〜2メートルも外してしまうような大ミスショットだ。これは、テニスそのものにとって良いことではない」

 錦織もナダルの意見に同調するように、「ここのボールは、一番なくらい好きではないです」と言う。「重いし、バウンドが変なところに跳ねたりするので、腕にも疲労が溜まりやすく、自然と身体に負担は掛かるので......」。

 もちろん、すべての選手がこのやっかいなサーフェスとボールでプレイしているわけであり、条件はみな同じである。ただ、錦織のように、ベースラインからの組み立てと繊細なタッチを身上とする選手ほど、その悪影響を受けやすいのは間違いない。さらに加えるなら、4回戦の対戦相手となったロペスは、この条件下で対戦するには錦織にとって、最悪の選手のひとりだったと言えるだろう。

「オーバーパワーしてくる相手(パワー型の選手)、左利き、そしてネットダッシュしてくる選手」

 錦織の苦手傾向にある選手の特性をそう述べたのは、少年時代の錦織を指導したアシスタントコーチである。もちろん、錦織は実力の向上とともに、それらの弱点を克服してきた。だがそれでも、これら3つの特性をそろえた選手が相手となれば、苦手意識が頭をもたげることもあるだろう。

 ロペスはまさに、その条件に当てはまる選手である。そして悪いことに、ボールとサーフェスのコンビネーションにより生まれるこの大会の「悪しき特性」を、ロペスはさほど受けはしない。ネットダッシュでボレーを多用し、ボールがバウンドするより先にポイントを決めることが多いタイプだからだ。また、片手で放つロペスのバックのスライスは、バウンド後に予測不能な場所へと跳ねて錦織を悩ませた。

 このような悪条件や苦手意識が重なって噴出したかのような局面が、第1セットの4−5で迎えた錦織のサービスゲームである。このゲームで錦織は、最初のポイントでサーブ&ボレーを試みるも失敗。その後はバックハンドショットでミスを重ね、最後もネットに出たところを相手のフォアで抜かれてしまう。

「それまではストロークでも支配していたし、チャンスはあった。あの、4−5の1ゲームだけ。あの1ゲームがすべてだった」

 試合後に錦織が真っ先に振り返った、ターニングポイントである。

「風下だったのもあり、相手のスライスが伸びてきたので、少し焦ってしまった。ストロークでも(相手の)フレームショット(※)など、運が悪かったのもあって......」

※フレームショット=ラケットのフレーム部分で打球すること。ボールは不規則な変化をすることが多い。

 ボールを打つ際に、「一度もしっくりくる時がなかった」と言うほどに苦しんだ打球感が、焦りの根底にあったようだ。

 もちろん、そうは言っても、錦織がただ手をこまねいていたわけではない。例えば第2セット、相手にブレークされて2−4の危機に面した第7ゲーム。ニューボールで迎えたこのゲームに入る直前、錦織はラケットを変えている。

『ニューボール』とは文字どおり、新しいボールのこと。テニスの試合では最初の7ゲーム終了後、その後は9ゲームごとにすべて新しいボールに交換する。同じボールを使い続けると、フェルト部分が摩耗したり、内部の圧力が低下してボールの質が低下するためである。

 そのボール同様、ラケットのストリング(ガット)も試合で何度もボールを打つうちに、打球感が変わってくる。そこでニューボールのタイミングでラケットも変えると、試合開始当初のような『誤差』の少ない状態になると言われている。

 そして、ラケットを変えて迎えた最初のリターンゲーム。錦織はロペスの高速サーブを叩いてリターンから攻め、ストローク戦を支配する。狙いどおりブレークバックに成功した錦織は、以降は自分のサービスゲームを確実にキープしていった。

 しかし、ロペスのサーブも、終盤でも時速220キロを計測するなど、衰えが見られない。仮に高速のファーストサービスが入らなくても、サウスポーから放たれるスライスやキックサーブ(※)はむしろ、セカンドサーブで大いに威力を発揮した。さらに、摩耗が激しいと指摘される公式ボールは、試合が進むにつれてイレギュラーが増えていく。普段はボールを打つごとに相手のショットに適応していく錦織が、むしろ時間が経つほど打球感を失っていった。その結果、「大切な場面でミスが続いてしまった」錦織は、最後まで首を捻るようにして、苦手とするコートを後にした。

※キックサーブ=相手コートでバウンドした際、大きく高く弾むサーブ。

 第5シードとして迎えた今大会の結果は、4回戦敗退となった。だが、これはインディアンウェルズ大会では過去最高の成績でもある。そして来週から戦うのは、慣れ親しんだフロリダ州開催のマイアミ・マスターズ。昨年はロジャー・フェデラー(スイス/世界2位)を破り、準決勝進出を果たした相性の良い大会だ。

 マイアミ大会に向けて、修正すべき課題は――?

 そのように記者から問われると、錦織は、「マイアミはサーフェスも少し速いので、こことはまったく違う展開になると思う」と答えた。「(敗戦のことは)とにかく忘れて、しっかり調整すれば大丈夫だと思います」。

 静かな口調ながらも、根底に流れる自信とプライドが言葉の端々ににじむ。この言葉の真意を、ぜひともマイアミで証明して欲しい。

内田暁●構成 text by Uchida Akatsuki