2015年、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が描いた未来:ドキュメンタリー公開

写真拡大

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で主人公が向かった未来は、今年の10月だった。監督や俳優、制作スタッフやファンたちの証言を集めて今年10月に公開されるドキュメンタリー映画『Back In Time』予告編を紹介。

2015年10月がついにやってくる。1989年の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で、1985年に生きる主人公マーティ・マクフライがタイムトラヴェルで向かったのが「30年後」の2015年10月だ。

「2015年、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が描いた未来:ドキュメンタリー公開」の写真・リンク付きの記事はこちら

そして2015年10月とは、同シリーズ3部作の制作の裏話を描いたドキュメンタリー映画『Back In Time』が公開される月でもある。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)3部作が大好きな人なら、このドキュメンタリー映画から本当に多くを学べるだろう。出演者リストには、ファンにとっては夢のような名前が並んでいる。ロバート・ゼメキス監督、主人公を演じたマイケル・J・フォックス、ロレインを演じたリー・トンプソン、制作のボブ・ゲイル、撮影のディーン・カンディ、ケヴィン・パイク、音楽担当のアラン・シルヴェストリ

ほかに、著名人も含む熱狂的ファンたちも登場する。TVコメディシリーズ「コミカレ!!」のダン・ハーモンや、「それいけ!ゴールドバーグ家(The Goldbergs)」のクリエイターであるアダム・ゴールドバーグのような人たちだ。

BTTFシリーズ制作の裏話とともに、公開から30年がたった現在まで、長く続いているその影響力や重要性についても検証している。

ドキュメンタリーのなかでフォックスは、「たくさんの変人たちと一緒に過ごすことは素晴らしい」と語っている。BTTFシリーズを愛することがクレイジーだというのなら、われわれだって正気でいたいとは思わない。

見どころ:頭上を通り過ぎるホヴァーボードに気をつけよう。29秒後のシーンはいま見ても驚きだ。1分あたりでは、BTTFシリーズに出てくるクルマをガレージの前に並べる人物が登場する。

決め台詞:「ぼくたちは、クレジットカードの限度額まで使い果たして、デロリアンをタイムマシンに変身させたんだよ(映画に登場するような改造車を作成した夫婦の言葉)」

TAG

MovieRecommendSci-fiSFVideoWIRED US