NE−BS1200

写真拡大 (全5枚)

 パナソニックは、「サイクロンウェーブ加熱」で、冷凍した肉などをすぐに使える状態にできる「芯までほぐせる解凍」を実現したスチームオーブンレンジ『3つ星ビストロ』NE−BS1200を6月1日に発売する。

 同商品は、新形状の3Dアンテナによりマイクロ波をらせん状に放射させる「サイクロンウェーブ加熱」を搭載し、食品中央付近から広範囲に解凍していくことで解凍のムラを抑えることができ、同社独自の「64眼スピードセンサー」が、食品の大きさや分量、種類を見分けて自動で解凍を制御し、肉などをすぐに使える状態にする「芯までほぐせる解凍」を実現した。

 また、サイクロンウェーブ加熱と同社独自のビストロスピードグリル皿で、予熱をせずに10分でこんがり焼きあげる「かんたんピザ・パン」メニューを新たに開発し、手軽に手作りのピザやパンが作れる。更に、「おすすめ」「キッズ」「男前」の3コースから構成された、カラータッチ液晶画面に材料や作り方、デコレーション方法などを表示する「みんなの料理教室」を搭載している。