バックアップメンバーも合わせ43名もの選手を招集したハリルホジッチ監督。親善試合ではどんなサッカーを披露してくれるだろうか。写真:菅原達郎(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ハリルホジッチ新体制となって初の日本代表メンバーが3月19日、都内のJFAハウスで発表された。
 
 3月27日、31日に行なわれる国際親善試合に向けた今回のメンバーは、本田、香川、内田らこれまでの主力メンバーに加え、青山敏弘、興梠慎三らが代表に復帰。Jリーグ王者のG大阪からは宇佐美貴史、藤春廣輝、今野泰幸、東口順昭の4人が選出されたが、日本代表のボランチとして長く君臨してきた遠藤保仁は、今回メンバーを外れている。
 
 また今回は正式メンバー31名に加え、バックアップメンバー12名も選出している。
 
 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「最初の試合でどういった方向性でいくかをお見せしたい」と、新体制のデビュー戦へ意気込みを語っている。
 
 今回選ばれた正式メンバー31名とバックアップメンバー12名は以下のとおり。
 
GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)、東口順昭(G大阪)、西川周作(浦和)、権田修一(FC東京)
バックアップメンバー
林彰洋(鳥栖)
 
DF
水本裕貴(広島)、長友佑都(インテル/イタリア)、槙野智章(浦和)、森重真人(FC東京)、太田宏介(FC東京)、藤春廣輝(G大阪)、内田篤人(シャルケ/ドイツ)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)、酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)、昌子源(鹿島)
バックアップメンバー
千葉和彦(広島)、塩谷司(広島)、鈴木大輔(柏)、車屋紳太郎(川崎)
 
MF
今野泰幸(G大阪)、長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、香川真司(ドルトムント/ドイツ)、清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)、柴崎岳(鹿島)、青山敏弘(広島)、山口蛍(C大阪)
バックアップメンバー
高萩洋次郎(ウエスタン・シドニー・ワンダラーズ/豪州)、米本拓司(FC東京)、大森晃太郎(G大阪)、谷口彰悟(川崎)
 
FW
興梠慎三(浦和)、岡崎慎司(マインツ/ドイツ)、本田圭佑(ACミラン/イタリア)、小林悠(川崎)、乾貴士(フランクフルト/ドイツ)、武藤嘉紀(FC東京)、永井謙佑(名古屋)、大迫勇也(ケルン/ドイツ)、宇佐美貴史(G大阪)
バックアップメンバー
豊田陽平(鳥栖)、川又堅碁(名古屋)、柿谷曜一郎(バーゼル/スイス)

【日本代表PHOTO】ハリルホジッチ新体制初招集メンバー[GK&DF]|3.27チュニジア戦&3.31ウズベキスタン戦