©2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.

写真拡大

3月14日に公開された、ディズニーの『イントゥ・ザ・ウッズ』。

【写真】赤ずきん、シンデレラ、ラプンツェル……誰もが知るおとぎ話の主人公たちが繰り広げる、大人のための“アフター・ハッピーエンド”ミュージカル!

『レ・ミゼラブル』等を超え、今世紀の実写ミュージカル映画で、NO.1のオープニング記録を樹立。その圧倒的なミュージカルシーンの豊かさが話題になっています。

そんな『イントゥ・ザ・ウッズ』の中でも、特徴的なキャラクターが、メリル・ストリープ演じる魔女。

今回、『イントゥ・ザ・ウッズ』の魔女がディズニー歴代の魔女とどのように違うのか、D*MANIAが独占取材をしました。

■美しさを願う女王:『白雪姫』

1937年公開『白雪姫』に登場する女王(魔女)は、最も広く知られた魔女かもしれません。

魔法の鏡に「この世で一番美しいのは誰?」と問いかけ、鏡が白雪姫と答えると、彼女を家来に殺させようとする彼女。

自身がこの世で一番美しくありたいという願いのためなら、全く躊躇なく、まだ子供の白雪姫を殺せるという、非常に悪役らしい、恐ろしさを表した魔女です。

■復讐を企む海の魔女アースラ:『リトル・マーメイド』

1989年公開『リトル・マーメイド』に登場するアースラは、海の魔女。

昔、海の王国から自分を追い出したトリトン王を恨んでおり、復讐のためにもトリトン王に代わり海の支配者になろうと企んでいます。

手下のウツボ、フロットサムとジェットサムを利用し、王子に恋をして地上に出ることを願うアリエルの願いを叶えるふりをして近づきます。

アリエルを人質に、トリトン王から王位を奪うことを企むアースラは、復讐のために燃える恐ろしい魔女として描かれています。

■怒りに任せて呪いをかける恐ろしい魔女マレフィセント:『眠れる森の美女』

1959年公開『眠れる森の美女』に登場する魔女はマレフィセント。

オーロラ姫の誕生日に自分だけ招かれなかったことを恨み、「16歳の誕生日に糸車の針に刺されて死ぬ」という呪いの言葉を姫に贈ります。

さらに姫を助けに来たフィリップ王子とは、ドラゴンに変身して戦うという、非常に魔女らしい魔女。

誕生日に呼ばれなかった怒りに任せて呪いをかけるという点でも、絶大な力を持つ悪の存在としての存在感は抜群です。

これまで紹介してきた3人の魔女は、歴代ディズニー長編アニメーションの中でも、かなり有名な魔女達です。

彼女たちは自身の欲望や復讐のため、他人に害を加える事を躊躇しない、絶対的な力を持つ悪役として描かれています。

ディズニーの歴代アニメーションでは、このように、魔女は多くの場合、悪役として認知されているといえるでしょう。

■悪役を違った角度から描いた実写『マレフィセント』

2014年に大ヒットを記録した映画『マレフィセント』は、このような悪役像を、違った角度から描いた作品。

マレフィセントが「なぜオーロラ姫に呪いをかけたのか?」が明らかにされるこの作品では、野心によって変わってしまった王子に裏切られたことから、王となった彼の娘であるオーロラ姫に呪いをかけてしまうマレフィセントの姿が描かれます。

しかし、マレフィセントは、ふとしたきっかけからオーロラ姫の面倒を見るようになり、彼女に対しての愛情をもつことになります。

ふたりをつなぐ“愛”と“絆”が女性の感動と共感を呼び、映画は大ヒットを記録しました。

■『イントゥ・ザ・ウッズ』の魔女はどんな存在?

では、『イントゥ・ザ・ウッズ』の魔女は、いったいどのようなキャラクターなのでしょうか。

魔女は、物語のキーマンとなるパン屋夫婦に対して “子供ができない呪い” をかけ、その呪いを解きたいという夫婦の願いを利用し、自身にかけられた老いの呪いを解くために、パン屋に4つのアイテムを集めさせます。

絶対の力をもつ存在として描かれていることについては、これまでの魔女と変わらない姿といえます。

しかし、彼女の行動の全ては、愛娘であるラプンツェルに愛されるためのものなのです。

魔女は、自身が若く美しければ娘が自分を愛し、ずっと一緒にいられると考えており、そのために行動しています。

本作に登場する魔女は、ただの悪や圧倒的な存在ではありません。

■監督が語る『イントゥ・ザ・ウッズ』の魔女のキャラクター像

『イントゥ・ザ・ウッズ』監督のロブ・マーシャルは、劇中の魔女について、このようにコメントしています。

「〈元の美しい姿に戻りたい〉という〈願い〉を抱いている魔女を、娘のラプンツェルに愛されることで失った自分の一部を取り戻せると信じるが故に、必死で我が子にしがみつこうとする1人の母親として解釈して演じているのがメリルの素晴らしいところです。

娘を手放すまいときつく縛りつけるものの、それが裏目に出て結局は我が子を失うことになるという親が犯しがちな過ちの悲哀も含め、非常に複雑で深みのあるキャラクターになっています。」

メリル・ストリープが演じる魔女のリアルさと、親子の絆と愛による、少し切なく感動的なストーリーを予感させます。

■ディズニー × ミュージカル + 親子の絆

昨年『アナと雪の女王』で驚異的大ヒットを記録し、歴史的なミュージカルブームを巻き起こしたディズニー。

そんなディズニーが満を持して送るミュージカル映画、というだけでも『イントゥ・ザ・ウッズ』への期待は高まる一方。

さらに親子の絆が加わり、それをオスカー女優のメリル・ストリープが演じるとなれば、感動も間違いなしだと言えるでしょう。

今までハッピーエンドを描いてきたディズニーが初めて描く、「めでたし、めでたし」のその後の物語は、鑑賞者に「現代の幸せとは何か?」を問いかけます。

『イントゥ・ザ・ウッズ』は3月14日(土)より全国公開中です。

<STORY>
シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきん…“おとぎ話の主人公たち”のハッピーエンドの“その先”を描く、大人のための“アフター・ハッピーエンド”ミュージカル。ディズニーがあなたの予想を鮮やかに裏切る“おとぎの国”へ誘う。