国立健康・栄養研究所の運営サイト、「セキュリティ確保が難しい」と公開中止へ

写真拡大

 (独)国立健康・栄養研究所の運営するウェブサイト『特別用途食品・栄養療法エビデンス情報』が、セキュリティ確保が難しいことを理由に、3月31日をもって公開中止となることが分かった。

【関連:プログラマーが嫌う「創業当時からの秘伝のソース」って?】

特別用途食品・栄養療法エビデンス情報

 掲載された『サイトの公開中止のお知らせ』によると、「サイト運営に必要なセキュリティ確保が難しい状態となってしまいました。」と理由を説明、そして「本年度(3月31日まで)で公開を中止せざるを得ないこととなりました。」と、年度末をもって公開中止すると説明している。

 『特別用途食品・栄養療法エビデンス情報』は、『特別用途食品』(病者用食品、えん下困難者用食品など)情報を紹介したサイト。
厚生労働省が、特別用途食品制度の理解促進、許可品の認知度向上、関連したエビデンス情報の蓄積を目的にデータベースを構築し、国立健康・栄養研究所が、2009年から運営・公開していた。

サイトの公開中止のお知らせ