尼崎市の連続変死の裁判員らが重い負担に訴え「会社に迷惑かけた」

ざっくり言うと

  • 尼崎市の連続変死事件の裁判員を務めた男女5人が18日、神戸市内で会見
  • 過去最長となった期間を振り返り、生活への影響など負担の大きさを指摘した
  • 5月には3被告の公判が開かれ、今回よりも長くなる見通しだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング