パンツ一丁で飲める!「パンツに合うワイン」をソムリエが選んでくれる店が渋谷に登場
客が全員パンツ一丁になるというバー「パンツワイン倶楽部TOKYO」が渋谷に誕生した。ここでは「そのお客に最適なパンツとワイン」をソムリエが選んでくれる。ワインは料理との相性だけでなく、履いているパンツとの相性でさらに楽しめるという。



このようにパンツとワインが一緒に出てくる。パンツの触感とワインの味覚がマリアージュしてさらに美味しくなるのだ。今回、極上のワインをさらにパワーアップさせるパンツを、実際にソムリエとワコール「BROS」の 協力で選んでみたのでご紹介したい。



この実験的なバーを体験してもらったのは「木下まさよし」さん。
栃木県出身の32歳のサラリーマンだ。



最近、為替投資で400万円の損失を出し、彼女にもフラれたばかりのまさよし。




「もう生きていられない……」

不幸のドン底のまさよしは酒でも飲まなければやってられない。夜の繁華街を徘徊するまさよしの目に、一軒のバーが飛び込んできた。



「な、なんだここは……」




そう、ここが「パンツワイン倶楽部TOKYO」だ。

このパンツマナーを見れば分かるように、変態ではなく紳士が集まるこのバーでは、全員「パンイチ」になるのがルールだ。

ちなみに世界では「ノーパンツデー」というパンイチになるイベントが盛んで、決して特別な事ではない。日本でハロウィンが徐々に流行ったように、パンイチになることはやがて普通の事になるだろう。

そしてこの店がそのさきがけとなるのだ。



目に見えぬワインの味を表現できるソムリエは、同じく目に見えぬパンツの触感を把握し、両者を組み合わせることが出来る。パンツ選びに困ってる人にはうってつけの店だ。



ソムリエの齋藤久平さんは、都内ホテルに10年勤務したあと独立。「ドリンクスタイリスト」としてライフスタイルやTPOと「マリアージュ」するドリンクを提案している。パンツとマリアージュするワイン選びはお手の物だ。




パンツではなく正装で迎える女性スタッフ。そう、ここは決して変態の集う場所ではないのだ。




さて、物珍しさに意を決して入店したまさよしだが、やはり常連の目は冷たい。そう、ここでズボンを履いているのは逆にマナー違反なのだ。

「おい、脱げよ」



まさよしは、観念したようにゆっくりとベルトに手をかける。








まさよしが履いていたのは、ダルッダルのダサパンツだった。




「超ダセー!」あざ笑う常連たち。




しかしソムリエは初心者にも優しい。

まさよしの話を聞き、「こちらのパンツとワインはいかがですか?」と提案する。多くのワイン初心者は「ワインなんてみんな同じ」だと思いがちだ。そして、多くの男は「下着なんてみんな同じだ」と思っている。つまりパンツ初心者なのだ。

そしてソムリエがすすめたワインは…