スマホアプリとの連携で、快適な睡眠環境をサポート

写真拡大

パナソニックは、ルームエアコン「NX」シリーズから、単相100ボルトの2.8キロワットモデル「CS-NX285C」と、単相200ボルトの4.0キロワットモデル「CS-NX405C2」の2機種を、2015年4月21日に発売する。価格はいずれもオープン。

スマホと連携、就寝中に自動で温度制御

冷気が体に直接当たらない気流制御「ビッグフラップ」を装備する。新たに送風制御を工夫し、低騒音化を実現。BluetoothスピーカーとLEDライトを搭載し、快適な睡眠に必要だという就寝前のくつろぎ空間を、空調・音楽・LEDによる間接光で演出できる。

スマートフォン用アプリ「おやすみナビ」を6月下旬に更新予定。従来の、就寝中の寝室温度を設定できる4つの温度制御パターン、温度を自由に設定できるカスタマイズ設定に加え、就寝中に自動で温度制御する「体動連携モード」が追加される。スマホのジャイロセンサーで就寝中の寝返りを計測し、独自の解析処理でエアコンを自動制御。快適な睡眠環境をサポートする。

Bluetoothで接続したスマホ内の音楽との連動が可能。「おやすみナビ」新搭載の「オフタイマー機能」で、就寝・起床のタイミングに合わせ音楽を再生できる。