韓国の受験生、試験前に「わかめ」を食べると落ちるとタブー視―中国メディア

写真拡大

韓国の受験生にとって「わかめ」は試験前に食べると落ちると言われ、タブー視されている。16日付で捜狐網が伝えた。

受験戦争が激しいことで知られる韓国では、大学入試がその人の一生を左右するとまで言われ、その意気込みは相当なもの。受験当日は低学年の学生が受験生の先輩方に叩頭して合格を祈願したり、親せきや友人が縁起物とされる餅やチョコレートを贈ったりする習慣がある。

反対にタブー視されているのは、わかめ。韓国人にとって脂っこい食べ物とされており、「受験生は食べると試験に落ちる」と信じられている。試験前日にソウル大学への合格を祈願して、ヒュンダイ・ソナタの「S」のエンブレムをはぎ取って持ち帰る受験生も多いという。

(編集翻訳 小豆沢紀子)